忍者ブログ
日々の研究生活のメモ書きなど
日本語化されたpdfを参考にしてみた。
GSL リファレンス・マニュアル日本語訳

#include <gsl/gsl_interp.h>
#include <gsl/gsl_spline.h>

gsl_interp_accel *acc = gsl_interp_accel_alloc();
const gsl_interp_type *T = gsl_interp_cspline;
gsl_spline *spline = gsl_spline_alloc(T, data_size);

gsl_spline_init(spline, f0, fn, data_size);

i=0;
for(xi = inif[0]; xi < inif[data_size-1]; xi += DELTA){
i++;
yi = gsl_spline_eval(spline, xi, acc);
printf("%.15le %.15le\n", xi, yi);
}


gsl_spline_free(spline);
gsl_interp_accel_free(acc);




補完の方法は他にも選べる。
gsl_interp_linear, gsl_interp_csplineとか
自分の欲しい結果に合ったものを用いるべし

gsl_spline_init(spline, f0, fn, data_size)
下端f0から上端fnまでdata_size個のデータから補完する
補完元データを読み込ませる

yi = gsl_spline_eval(spline, xi, acc);
これでxiのときの補完した値が得られる

gsl_spline_free(spline);
gsl_interp_accel_free(acc);
全部終わったら解放しておくこと



今自分で書いたコードを読み返してみて色々とまずい気がするなー・・・ボソッ
i=0;
for(xi = inif[0]; xi < inif[data_size-1]; xi += DELTA){
i++;
この辺とか
PR
プロフィール
HN:coffee
職業:物理屋(自称)
趣味:映画鑑賞
自己紹介:
#include <stdio.h>
#include "MyProfile.h"

#define TWITTER coffee_pote

#define WISH_LIST
amazonのほしい物リスト
#ifdef RICH_FLAG
// ↑いつも支援いただきありがとうございます m(_ _)m
#endif


int main(void){

printf("\n");
printf("D論・・・? あぁそんな子もいましたね(執筆中)\n");
printf("\n");
printf("猿でもわかるgnuplot を執筆中(こっちの執筆は半年以上何も進んでいない・・・・)\n");
/* 最終更新 2017/07/19 */
return 0;

}
カウンター
ブログ内検索
ツイートするボタン
Flickr

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]