忍者ブログ
日々の研究生活のメモ書きなど
便利なものを発見してしまった



;;; 最終更新日の自動挿入
;;; ファイルの先頭から 8 行以内に Time-stamp: <> または
;;; Time-stamp: " " と書いてあれば、セーブ時に自動的に日付が挿入されます
(require 'time-stamp)
(if (not (memq 'time-stamp write-file-functions))
(setq write-file-functions
(cons 'time-stamp write-file-functions)))

と.emacsに書いておきます

あとはソースにTime-stamp: " "と書いておくだけ(コメントアウトしててもおーけー)
ソースの中身をどこか変更して、保存されたときにタイムスタンプが押されます

こりゃ便利だ

注意:
time-stanp:とダブルコーテーション""の間に半角スペースが必要


■ 参考
13.1 dot.emacs




PR
プロフィール
HN:coffee
職業:物理屋(自称)
趣味:映画鑑賞
自己紹介:
#include <stdio.h>
#include "MyProfile.h"

#define TWITTER coffee_pote

#define WISH_LIST
amazonのほしい物リスト
#ifdef RICH_FLAG
// ↑いつも支援いただきありがとうございます m(_ _)m
#endif


int main(void){

printf("\n");
printf("D論・・・? あぁそんな子もいましたね(執筆中)\n");
printf("\n");
printf("猿でもわかるgnuplot を執筆中(こっちの執筆は半年以上何も進んでいない・・・・)\n");
/* 最終更新 2017/07/19 */
return 0;

}
カウンター
ブログ内検索
ツイートするボタン
Flickr

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]