忍者ブログ
日々の研究生活のメモ書きなど
Haskellでもコマンドラインで実行ファイルに引数を付けてみたくなった。
実行時に、引数を取って、それをあれこれ処理したい。
import System.Environment -- getArgs
inputFile <- getArgs
でおk
ghc 7.4からimportすべきmoduleがSystemではなく、System.Environmentになったらしいので注意
最初Systemにしていてエラーが出て気づいた・・・

■ 参考
GHC 7.4 で getArgs が System.Environment になってるメモ




ちなみに上記の例では、inputFileに["hoge"]のような文字列がリストに入ったかたちになる。
これでは少し手を加える必要があるので、文字列として使いたい場合は、
import System.Environment -- getArgs
[inputFile] <- getArgs
としてもよい


■ 参考
System.Environment











PR
プロフィール
HN:coffee
職業:物理屋(自称)
趣味:映画鑑賞
自己紹介:
#include <stdio.h>
#include "MyProfile.h"

#define TWITTER coffee_pote

#define WISH_LIST
amazonのほしい物リスト
#ifdef RICH_FLAG
// ↑いつも支援いただきありがとうございます m(_ _)m
#endif


int main(void){

printf("\n");
printf("仕事きまりました\n");
printf("\n");
printf("猿でもわかるgnuplot を執筆中\\
少し追記しました\n");
/* 最終更新 2017/12/09 */
return 0;

}
カウンター
ブログ内検索
ツイートするボタン
Flickr

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]