忍者ブログ
日々の研究生活のメモ書きなど
そういえばROOTでヒストグラムのfittingをするためのメモ書きがなかったのでまとめておく
だいたい参考リンクを見れば解決すると思う
あとROOTのdocument


■ 参考 : ROOT:便利なコマンド表と使い方の例
: とてつもなく、分かりやすい。必要な情報はすべてここにあるだろう


■ 参考 : TF1の諸々
: fittingしたあとの処理について、色々とまとめられていた

そのうち、追記するかも







(2017/05/26 追記)

■ 参考 : TF1の諸々

ここの一番したに便利な関数が載っていたのでメモ
f.FixParameter(1, 5.0); //パラメーターを動かさない
// 1はparameterの通し番号
// そのパラメーターを5.0に固定する
f.SetParLimits(1, 1.0, 3.0); //パラメーターの変化させる範囲を指定できる
1は通し番号、1.0, 3.0はそれぞれ最小値と最大値
これで、今までうまくいかなかったfittingがうまくいった
f5.SetParNames("A", "#theta", "#mu", "#gamma");
みたいな感じで、fittingに用いるパラメーターに名前をつけることができる
ギリシャ文字を使うときはTeXの\の代わりに#を付ける

統計情報の文字サイズを大きくするときは
gStyle->SetStatFontSize(0.06);



(2017/09/05 追記)

上記の
gStyle->SetStatFontSize(0.06);
を打っても箱の大きさを大きくならないことがあった・・・・

ググってみたら、以下のような中国語の記事がヒットした

■ 参考 : ROOT: Why TStyle::SetStatFontSize() doesn't work?

要するに、
gStyle->SetStatFontSize(0.06);
とした後で、箱の大きさを変更しないと文字サイズも変更されないというバグ(?)らしい
//To make sure SetStatFontSize() does work, you need next statement:
gStyle->SetStatW(0.7);



あと、fitting後のパラメーターをROOTの中で取得する方法は、

■ 参考 : fit_parameterの取得
double para0 = f1->GetParameter(0);
double para1 = f1->GetParameter(1);
double para2 = f1->GetParameter(2);
通し番号は0から始まる


(2019/02/01 追記)

chi^2の値、dofの値を取得するには
TF1 *fit = h2->GetFunction("f1");
Double_t chi2 = fit->GetChisquare();
Int_t dof = fit->GetNDF();
h2はヒストグラムの名前, f1はフィットした関数の名前

■ 参考 : TF1 Class Reference






(2019/02/04 追記)
TF1 *f5 = new TF1("f5","[0] * x + [1]");
みたいな感じの関数をフィットに使ったとする


フィット後に、この関数のあるxでの値が知りたいときはEval()を使う
double x=5;
fprintf(stderr, "f(%f) = %f\n", x, f5->Eval(x));
みたいな感じ

しフィットしてないときはパラメーターの値がセットされていないはずなので、
SetParametersで手でセットする必要がある
f5->SetParameters(1.2, 500);
fprintf(stderr, "f(%f) = %f\n", x, f5->Eval(x));






PR
プロフィール
HN:coffee
職業:物理屋(自称)
趣味:映画鑑賞、登山
出身:大阪府の南の田舎
自己紹介:
import MyProfile
import coffee_pote from TWITTER
import amazonのほしい物リスト from WISH_LIST

print "生きてます"
print "コロナのせいで15万くらい損失出してますが、生きてます"

# 最終更新 2020/03/15
カウンター
カウンター カウンター
ブログ内検索
ツイートするボタン
リンク
相互リンク募集中です (Twitterにてお知らせください)

Demo scripts for gnuplot version 5
(gnuplotのさまざまなデモ画像と作り方がまとめられている、眺めているだけでできるようになった気分になれる)

gnuplotスクリプトの解説
(米澤進吾さんの個人ページ、gnuplotと言えばこのかた)

gnuplot のページ
(Takeno Lab、うちのブログがリンクされていたのでリンク返し)

とある物理の院生日誌~院生は社会へ旅立った~
(研究室の先輩の個人ブログ)

英語例文を見て自然に英語・英会話を学ぶ
(楠本慶ニさんの個人ページ、様々な情報の密度の高さに感動)

Twitterから映画の評価が分かる & 映画の鑑賞記録が残せる coco
(映画の感想をまとめられるサイト、いつもお世話になっています)

Astronomy Picture of the Day Archive
(天文や宇宙関連の最新の話題について画像とともにNASAが説明しているページ)

今日のほしぞら
(任意の時刻の空で見える星を表示してくれる、国立天文台が管理している)

GNUPLOTとアニメーション
(応用の項目の「見せてあげよう!ラピュタの雷を!!」あたりからすごすぎる)

読書メーター
(読んだ本をリストできる便利なサイト)

flickr難民の写真置き場
(20XX年、flickrは有料化の炎に包まれた。あらゆるflickr無料ユーザーは絶滅したかに見えた。 しかし、tumblr移住民は死に絶えてはいなかった。)

教授でもできるMac OS X へのLaTeX, X11, gccのインストレーションと環境設定
(阪大の山中卓さんのwebページ、タイトルにセンスが溢れている、内容は超充実してる、特にTeX関連、学振DCとかPDの申請書類作成時にはお世話になっております)


Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]