忍者ブログ
日々の研究生活のメモ書きなど


gnuplot版は1つ前の記事を参照↓
【gnuplot】ガンベル分布の書き方




void root_gumble(){
gROOT->Reset();
TCanvas *c1 = new TCanvas("name", "title", 0, 0, 1080, 720);
c1->SetGridx();
c1->SetGridy();

Double_t xmin = -5.0;
Double_t xmax = 20.0;

TF1 *f1 = new TF1("f1", pdfgumble, xmin,xmax, 4);// xmin, xmax, number of parameter
f1->SetParameters(1, 2, 1, 0.0);
f1->SetNpx(500);
f1->SetLineColor(1);
f1->Draw("L");

TF1 *f2 = new TF1("f2", pdfgumble, xmin,xmax, 4); // xmin, xmax, number of parameter
f2->SetParameters(0.5, 2.0, 1, 0);
f2->SetNpx(500);
f2->SetLineColor(2);
f2->Draw("Same");

TF1 *f3 = new TF1("f3", pdfgumble, xmin,xmax, 4); // xmin, xmax, number of parameter
f3->SetParameters(1.5, 3.0, 1, 0);
f3->SetNpx(500);
f3->SetLineColor(3);
f3->Draw("Same");

TF1 *f4 = new TF1("f4", pdfgumble, xmin,xmax, 4); // xmin, xmax, number of parameter
f4->SetParameters(3.0, 4.0, 1, 0);
f4->SetNpx(500);
f4->SetLineColor(4);
f4->Draw("Same");

TF1 *f5 = new TF1("f5", pdfgumble, xmin,xmax, 4); // xmin, xmax, number of parameter
f5->SetParameters(3.0, 6.0, 1, 0);
f5->SetNpx(500);
f5->SetLineColor(6);
f5->Draw("Same");

// set TLegend
leg = new TLegend(0.6, 0.7, 0.9, 0.89, "Legend");
//leg->SetFillStyle(0); // or leg->SetFillColor(0); // white paint
leg->SetFillColor(0);
leg->SetTextSize(0.04);
leg->AddEntry(f1, "a=0.5, b=2.0", "l");
leg->AddEntry(f2, "a=1.0, b=2.0", "l");
leg->AddEntry(f3, "a=1.5, b=3.0", "l");
leg->AddEntry(f4, "a=3.0, b=4.0", "l");
leg->AddEntry(f5, "a=3.0, b=6.0", "l");
leg->Draw();

f1->SetTitle("pdf of Gumble distribution");
c1->Print("root_gumble_op.pdf");
}

//definition of myfunc
Double_t pdfgumble (Double_t *x, Double_t *para){
return para[2]/para[1]*exp(-(x[0]-para[0])/para[1])*exp(-exp(-(x[0]-para[0])/para[1])) + para[3];
}


これをスクリプトとして用意して、
root -b root_gumble.cc
とかで次のようなグラフができるはず↓

root_gumble_op







ソースコードについて補足
TCanvas *c1 = new TCanvas("name", "title", 0, 0, 1080, 720);
でcanvasを作る

c1->SetGridx();
c1->SetGridy();
でgridを表示

TF1 *f1 = new TF1("f1", pdfgumble, xmin,xmax, 4);// xmin, xmax, number of parameter
// SetParameters と SetParameter は別
f1->SetParameters(1, 2, 1, 0.0);
f1->SetNpx(500);
f1->SetLineColor(1);
f1->Draw("L");
で1つのグラフを描く

SetParameterとSetParametersは全然違う
SetParameter(parNo,value);
SetParameters(val1,val2,…);
前者は1つめの引数に、パラメーターの番号(0, 1, ..)を入れて、2番目にパラメーターの値を入れる
後者は1つ目の引数がそのまま0番目のパラメーターに代入され、2つめの引数がそのまま1番目のパラメーターに代入される(以下繰り返し)

また、TF1の3, 4, 5番目の引数はそれぞれxの最小値, 最大値, 関数のパラメーターの数
今回の場合はpdfgumbleのパラメーターは4つ固定なので、4でOK


TLegendのところは過去の記事を参考にどうぞ
【ROOT】ヒストグラムを重ね書きして、TLegendを使ってみる



最後に
//definition of myfunc
Double_t pdfgumble (Double_t *x, Double_t *para){
return para[2]/para[1]*exp(-(x[0]-para[0])/para[1])*exp(-exp(-(x[0]-para[0])/para[1])) + para[3];
}
のところで関数の定義をしている
なんでこんな書き方をしているかというと、
TF1 *f1 = new TF1("f1", "10*sin(2*5*x)", xmin,xmax, 4);// xmin, xmax, number of parameter
f1->SetParameters(1, 2, 1, 0.0)
f1->SetNpx(500);
f1->SetLineColor(1);
f1->Draw("L");
みたいな感じで"..."の中に式を書くことができる
ただ、この書き方をしてしまうと、10とか5といったパラメーターを手で毎回書き換える必要が出てくるので、関数で書いた方がかなりお手軽で、今回のように5種類のパラメーターセットで同じ関数を描くときに色々と手間が省ける。(上記の"10*sin(2*5*x)"で実際にプロットできるかは未確認)

■ 参考
TF1の諸々






PR
プロフィール
HN:coffee
職業:物理屋(自称)
趣味:映画鑑賞、登山
出身:大阪府の南の田舎
自己紹介:
import MyProfile
import coffee_pote from TWITTER
import amazonのほしい物リスト from WISH_LIST

print "生きてます"
print "コロナのせいで15万くらい損失出してますが、生きてます"

# 最終更新 2020/03/15
カウンター
カウンター カウンター
ブログ内検索
ツイートするボタン
リンク
相互リンク募集中です (Twitterにてお知らせください)

Demo scripts for gnuplot version 5
(gnuplotのさまざまなデモ画像と作り方がまとめられている、眺めているだけでできるようになった気分になれる)

gnuplotスクリプトの解説
(米澤進吾さんの個人ページ、gnuplotと言えばこのかた)

gnuplot のページ
(Takeno Lab、うちのブログがリンクされていたのでリンク返し)

とある物理の院生日誌~院生は社会へ旅立った~
(研究室の先輩の個人ブログ)

英語例文を見て自然に英語・英会話を学ぶ
(楠本慶ニさんの個人ページ、様々な情報の密度の高さに感動)

Twitterから映画の評価が分かる & 映画の鑑賞記録が残せる coco
(映画の感想をまとめられるサイト、いつもお世話になっています)

Astronomy Picture of the Day Archive
(天文や宇宙関連の最新の話題について画像とともにNASAが説明しているページ)

今日のほしぞら
(任意の時刻の空で見える星を表示してくれる、国立天文台が管理している)

GNUPLOTとアニメーション
(応用の項目の「見せてあげよう!ラピュタの雷を!!」あたりからすごすぎる)

読書メーター
(読んだ本をリストできる便利なサイト)

flickr難民の写真置き場
(20XX年、flickrは有料化の炎に包まれた。あらゆるflickr無料ユーザーは絶滅したかに見えた。 しかし、tumblr移住民は死に絶えてはいなかった。)

教授でもできるMac OS X へのLaTeX, X11, gccのインストレーションと環境設定
(阪大の山中卓さんのwebページ、タイトルにセンスが溢れている、内容は超充実してる、特にTeX関連、学振DCとかPDの申請書類作成時にはお世話になっております)


Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]