忍者ブログ
日々の研究生活のメモ書きなど
会議参加のため、6日ほどドイツのHannoverに滞在してきた
実はM2のときにも初めての国際会議のためドイツのHannoverに滞在している
そのときに飲みに連れて行ってもらった飲み屋(bar)も健在していて、なぜか嬉しくなった・・・

この記事はドイツに関するメモを書いて行く、要はチラシの裏




ドイツ全体に関することはここでは書ききれないし、全然知らないので他のサイト参照

オヌヌメは
■ 参考サイト : 生活・観光情報満載 ドイツ便利帳
(更新は2014年で止まっているので最新の記事は他を見た方がいいかも)

特に読んでためになった記事は
■ 参考 サイト : ドイツに初めて来る方の為のドイツ基本情報

■ 参考 サイト : ドイツの車内マナーや風習などについての考察

他のサイトだと
■ 参考サイト : ドイツの穴場観光地『ブレーメンの音楽隊』を感じられる観光情報 厳選9選



■ マナー
鼻をすするのがマナー違反らしい
ティッシュとかで鼻を爆音でかむのはOK、よくわからん・・・
会議でも爆音で鼻をかんでいた人がいたのはそういうことか?と後で納得


■ ドイツのお土産
ただの候補+メモ書き
・チョコ
・ビール(無料で持って帰れるのは3本まで?)
・紅茶(いろんな種類が売ってる、ドイツ人は紅茶よりコーヒーの方が好きらしいが)
・ポストカード(日本人にとって西洋の風景はどれも魅力的、0.5ユーロとかで買えるのも良い点)
・ハリボー(ドイツのグミ)
・万年筆、ドイツの万年筆メーカーってけっこうある、モンブラン/ペリカン/LAMY/ファーバーカステルとか他にもあるらしいけど詳しくない

今回はLAMYとファーバーカステルの万年筆を1本ずつ購入・・・
数年前に来たときに初めて買った万年筆は事故で落としておれちゃったんだよなぁ・・・
そのときのコンバーターがあるので、同じタイプのものを購入

LAMYのは日本でも簡単に手に入るけど値段がダンチ
日本だと4000円ほどするけど、現地だと18ユーロとか
インクも2ユーロしなかったので安い、お土産にぜひどうぞ
試し書きも、ニブをインク瓶に浸けて、つけペンみたいにして使わせてくれた
万年筆はやっぱり試し書きしてから買いたいよなぁ・・・


■ ターキッシュエアラインについて
離陸前後で、ココナッツ(?)のお菓子をくれる(手が汚れるのであまり好きではない・・・)
味は割と美味しい、歯ごたえがある

あとで調べたら、ロコムというトルコのお菓子らしい
砂糖を水に溶かして火にかけ、コーンスターチなどデンプンを溶き入れ、飴状になったらナッツを混ぜ入れ、デンプンをまぶした型に入れて冷まして固め、冷めたら正方形に切ってデンプンと粉砂糖をまぶす。マスティック・ガムで香りをつけることもある。(wikiより)


■ ブレーメン観光+ICEがキャンセル
最終日にブレーメンに行ってきた
Hannover 〜 Bremenは高速鉄道が通っている
ICE : 超特急(60分)
IC : 特急(65分)
RE : 快速 (80分)
の3種類がある
電車の切符は種類よりもいつの便かによって決まるっぽい?

ブレーメンの観光地は上記サイトを参照
自分たちが行ったのは
・市庁舎の見学(5.5ユーロ、公式ホームページから事前予約が必要、これがないと中を見れないらしい)
・マルクト広場
・聖ペトリ大聖堂
・ベットヒャー通り(そんなに色々とあるわけではない・・・)
・シュノア地区(カフェとかがあってかなりいい雰囲気だった)
・ラーツケラー(地下にあるワインセラー兼レストラン、魚料理が絶品なのでワインとぜひ)

帰りは飛行機に間に合うように15時くらいにブレーメン脱出を計画していた
ホームで電車を待っていると、今となっては理由はわからないが、突然電光掲示板から我々が乗る電車の表示が消えた・・・

焦り、うろたえながら、電車を予約するJRのみどりの窓口相当のところに行くと長蛇の列
案内係さんに聞いてみると、電車がキャンセルになったらしい

おいおい・・・こっちが予約したのはICRの1等車だってーのに・・・
そんな簡単にキャンセルになるのかよ・・

一応、このあと飛行機には間に合ったけど、かなり冷や汗が出た事件だった・・・


■ TSAロック

(ドイツと全然関係ないけど)
アメリカの渡航するときはスーツケースにロックをしてはいけないらしい
TSA(Transportation Security Administration、アメリカ国土安全保障省の運輸保安庁)がスーツケースの中身を黙視でチェックすることがあるから
それでも鍵をかけておきたいときに、TSAの人たちがマスターキーを持っているTSAロックというのをかける

方法は
1. TSAロックが付いているスーツケースを買う
2. TSAロックが付いているベルトを買う
だと思われる

アメリカで普段使われているTSAはTSA007というもの
「この007はイギリスの諜報部員007(ダブルオーセブン)か?」ということでちょっともめたのでここにメモしておく

私の意見では、アメリカがイギリスのものを使うとは考えられないので7代目とか通し番号だろうと推測する・・・
「TSA007 ダブルオーセブン」とかでググってみたけど、特に関係はなさそう
TSAロックはTSA001からTSA011くらいまであるらしく、それぞれ鍵の形が違い、専用の鍵が必要。

TSA001とか002とかもあるっぽいからたぶん合ってるっぽいんだよなぁ・・・












PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:coffee
職業:物理屋(自称)
趣味:映画鑑賞
自己紹介:
#include <stdio.h>
#include "MyProfile.h"

#define TWITTER coffee_pote

#define WISH_LIST
amazonのほしい物リスト
#ifdef RICH_FLAG
// ↑いつも支援いただきありがとうございます m(_ _)m
#endif


int main(void){

printf("\n");
printf("D論・・・? あぁそんな子もいましたね(執筆中)\n");
printf("\n");
printf("猿でもわかるgnuplot を執筆中(こっちの執筆は半年以上何も進んでいない・・・・)\n");
/* 最終更新 2017/07/19 */
return 0;

}
カウンター
ブログ内検索
ツイートするボタン
Flickr

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]