忍者ブログ
日々の研究生活のメモ書きなど
この2年くらい週末、体力と時間があれば金剛山に登りに行くようにしています
この金剛山登頂が通算で23回目でした(もうすぐ15000回の達人もいる)
この山は登ると山頂でスタンプを押してもらえるので、かなり登山者が多いじゃないでしょうか?
(今調べてみたら、具体的な登山者数は公表されていないっぽくて不明)

ダイヤモンドトレールについては他のサイトが詳しく紹介してくれているのでそちらを参考にどうぞ
■ 参考 : ダイヤモンドトレール(自然歩道)情報

■ 参考 : ダイヤモンドトレール


【ルート】
 登りは南海バスで、登山口まで移動して黒栂(とが)谷ルートで山頂へ
 金剛山山頂〜一ノ鳥居〜水越峠〜葛城山山頂を移動
■ 参考 : 水越峠から金剛山(一の鳥居)

 下山:あまりに疲弊していたので、葛城山はロープウェイで


【タイムテーブル】
8:30 登山口から登山開始

金剛山登山口
10:10 金剛山山頂
1時間40分かかったが、地図に書かれているコースタイムでは2時間なのでかなり調子がいい

金剛山登頂 黒とが谷ルート 1時間半
山頂でご飯休憩

山頂なので袋が膨らんでいる
10:30 山頂から一ノ鳥居を経由して、パノラマ台〜水越峠は2時間10分かかった
このルートはそんなに急ではないけど、下山にかなり時間がかかるっぽい
旧パノラマ台からの景色がとても良かった

金剛山山頂 一ノ鳥居

金剛山〜ダイヤモンドトレール パノラマ台より 展望よし金剛山〜ダイヤモンドトレール パノラマ台より 展望よし2
このダイヤモンドトレールの目印の上部はダイヤモンドの形になっているのが特徴らいし
ダイヤモンドトレール 石柱
水越峠手前の水飲み場(金剛の水)で水補給

金剛山〜ダイヤモンドトレール 金剛の水金剛山〜ダイヤモンドトレール もうすぐ水越峠
12:45 水越峠出発

ダイヤモンドトレール〜水越峠 ただただ車止めがあるだけダイヤモンドトレール〜水越峠 案内板もあるので迷わない
14:10 葛城山山頂
1時間25分かかった、ルートタイムは1時間10分
かなり疲れが溜まっていた模様

水越峠〜葛城山 もうすぐ山頂 遠かった葛城山山頂 つつじ園
金剛山〜ダイヤモンドトレール〜水越峠〜葛城山を縦走 出発点である金剛山を遠くに見るわたくし(ラスト30分くらいはずっと雨が降っていた)

金剛山〜ダイヤモンドトレール〜水越峠〜葛城山を縦走 出発点である金剛山を遠くに見る
ロッジで風呂に入る
入湯料500円 + タイル代金210円 バスタオルではなく手ぬぐいだと持ち帰れる
途中で雨も振ってきてかなり大変だった・・・・

ロッジでご飯をいただく

ロッジで遅い昼ご飯をいただく
水越峠以降はかなり疲れていた
頭痛もあったし・・・
無理は良くないね、同行者にも迷惑がかかるので(同行者はベテランの方)

雨が強くなってきたのでロープウェイで下山(元から葛城山を歩いて下山する元気はないだろうと見込んでいたけど)

雨が降ってきた&疲れきったので葛城山の下山はロープウェイロープウェイからの風景2




ダイヤモンドトレールは二上山〜葛城山〜金剛山〜紀見峠〜岩湧山〜槇尾山を縦走するルート
今のところ葛城山〜金剛山を踏破しただけなので、次は金剛山〜岩湧山あたりのルートを登ってみたいなぁー









PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:coffee
職業:物理屋(自称)
趣味:映画鑑賞
自己紹介:
#include <stdio.h>
#include "MyProfile.h"

#define TWITTER coffee_pote

#define WISH_LIST
amazonのほしい物リスト
#ifdef RICH_FLAG
// ↑いつも支援いただきありがとうございます m(_ _)m
#endif


int main(void){

printf("\n");
printf("D論・・・? あぁそんな子もいましたね(執筆中)\n");
printf("\n");
printf("猿でもわかるgnuplot を執筆中(こっちの執筆は半年以上何も進んでいない・・・・)\n");
/* 最終更新 2017/07/19 */
return 0;

}
カウンター
ブログ内検索
ツイートするボタン
Flickr

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]