忍者ブログ
日々の研究生活のメモ書きなど
某用事のため宮崎に行ってきた
空き時間にぶらぶらポケモンしてきたのでメモしておく

ちなみにこの記事は宮崎県からの旅行者向けの内容
車では移動せず、すべて公共交通機関or徒歩にて移動していたので・・・




ちなみに事前に調べた感じでは宮崎にはポケモンの巣はない
一応、宮崎スレで情報を見た感じでは有力なスポットは
臨海公園
イオンモール宮崎
宮崎神宮
宮崎市内
宮崎大学
青島、青島神社(鬼の洗濯板)
・シーガイア
・方財
・神柱神社
・市民の森
・文化公園
・小牧川(ミニリュウ)
とか

赤い場所に行ったのでコメント付きでまとめておく
おすすめは青島と宮崎市内の一番街
それ以外はポケストが少なかったり、ポケモンの出現数が少なかったりと感じた




■ 宮崎神宮
宮崎駅から歩いて30分くらいかかったかも(寄り道してたのできちんとは覚えてない)
距離でいうと2.5~3キロくらい
宮崎駅からはバス、または電車で移動することも可能(電車は便数がほとんどないので注意)
宮崎神宮自体はかなり広い
神武天皇をまつってるらしい

ポケストは遠くから見た感じかなり多い

宮崎神宮付近のポケストの様子

行ってみて気づいたが、神宮の中にはほぼポケソースがない。
なので早々に退散(オイオイヨ)
宮崎神宮の前の和菓子屋はなかなか儲かってそうだった、油を使わないドーナツとか売ってた

それで宮崎神宮駅から電車に乗ろうと思ったけどまったく電車が来ないので臨海公園まで歩いた
1時間ほど待ってたが、天気がよかったのでなかなか心地よかった

宮崎神宮駅の雰囲気
宮崎神宮駅
臨海公園までは東に5キロくらい
道中、地元のスーパーやドラッグストアがあるので水分補給はできると思う
それ以外はただただ田んぼがあるだけなので、特に面白いものはない




■ みやざき臨海公園

臨海公園の雰囲気
臨海公園3臨海公園2臨海公園
臨海公園はかなりポケモンユーザーいた
平日で20〜30人
大阪だと端末を2台起動してポケモンが湧いた場所に移動する人をかなり見かけるけど
ここではみんなだいたいこの辺かな?とか会話しながらポケストを回ってた
ポケストの数はかなり少なくて、10分くらい歩いて5個もないくらい
ただし臨海公園自体、かなり縦長なので自分がいった場所以外はわからない

あとは船を留める入江にもなってて、地形上、入り江の先っぽにポケモンが出た場合はかなりまわりこまないといけないので辛い

出現するポケモンは割とレアなポケモンがいた気がする
基本的に海のポケモン、シェルダー、ゼニガメ、パウワウ、ニョロモとか
履歴を見たら確かラプラスも出現してた
ただそこまでポケソースが多いわけではないので、1日頑張って進化飴が集まるかどうかって感じかも

正直、臨海公園は微妙だったので歩いて
1時間くらいポケモンしたあとで、30分ほどベンチで寝て
イオンモール宮崎へ移動
というか、臨海公園から交通機関で帰る方法がわからなかったのでイオンモールからのバスに乗りたかった




■ イオンモール宮崎

臨海公園からイオンモールは歩いて15分くらいの距離
(今google mapで調べたら2.2kmで28分かかるとか表示されたが・・・・?)
行ってみたらまぁ巨大なショッピングセンターでして・・・映画館もあるらしい
宮崎在住の後輩によると宮崎の人は週一で行くとか

イオンモールの中のポケストは3個くらいだった気がする
(宮崎は基本的にポケストが密集してなくて辛い)
ポケソースの数はかなり多い
イオンモールの敷地内で100個くらいはある(数えてないけど)
常に右下の近くにいるポケモンは9匹いる感じ

出現するポケモンはポッポとかコラッタとかその辺にいるのが多かった
もしかしたら中にはレアポケが出るポケソースがあるかもしれないけど滞在20分くらいだったのでわからん




■ 宮崎市内(一番街)
1番街という商店街周辺はそれなりにポケソースがある
そこにあるミスドからは運が良ければ周辺のポケスト3つにタッチできる
そのミスドの面白いところは
・1200円でドリンク+ドーナツが食べ放題
・深夜3時〜4時まで営業している(曜日による)
ただ飲み屋街のど真ん中にあるので客層は幅広く、常に混んでる

商店街ではなくて、県庁の近くにレアポケしかでないポケソースがあるっぽい
深夜に歩いてたらナッシーが湧いてた

野生のナッシー解散。

技クソ、解散。




■ 宮崎大学
こちらもイオンモール並にポケソースが多くて、進化後のポケモンもかなり出現していた
ただ学内ですぐに行けるポケストが数個しかないので
すぐにボールが尽きた…

一応ここでフシギバナもゲットできた
(走って取りに行ったけどよく考えたら、技が揃ってるフシギバナがもういた…)

野生のフシギバナ



■ 青島

青島海岸から見た青島

青島海岸から見た青島

観光地として有名
ポケソースを見てみたらかなりレアポケ揃い
上記の中では一番魅力的、ポケモンGO的な意味で
もちろん観光地としてもかなりいい

宮崎市内からのアクセス方法は
・電車で青島駅まで行く
・宮崎駅または宮交シティからバスに乗る

前者は電車の頻度がかなり少ないけど370円
後者は頻度は多いけど、700円以上する

青島駅から青島、青島神社まではだいたい一本道
その経路にポケストがぼちぼちある
青島周辺はかなりたくさんの観光客がいた、特に海外からの観光客が割と多くて驚いた
全体から見るとポケストユーザーは1%よりも少なそう
けどジムがいつでも攻撃されていたので、かなりアクティブなんだろう

ただコンビニとかはなくておみやげ屋さんがちょこちょこあるくらいだったので水は念のため持参したほうがいい

出現するポケモンはかなりレアポケが多いと感じた
自分の滞在中に確認したのは
・レアコイル
・ゼニガメ
・二ドリーナ
・フシギダネ
・ピッピ
・プリン
・カブト
・ハクリュウ
・エレブー
とか
あとはニョロモがやたら出た(巣と言っていいくらい)
あと割と海上に湧いて誰が取りに行けるんや、というポケモンもいたので注意

青島神社をそのまま進むと「元宮」というポケストがあってそこで行き止まり
青島の周辺は回遊路にもなっていて歩ける
島への入り口のちょうど反対側に灯台があって、いい景色だった

青島の周りを1周してみた 灯台青島の周りを1周してみた いい感じの雰囲気

ちなみに青島周辺は鬼の洗濯板と呼ばれる自然風景が名物

島の入り口の説明によると
・青島の亜熱帯性植物群落
・青島の隆起海床と奇形波蝕痕
で(特別)天然記念物に指定されているらしい
前者は宮崎の温暖な気候+青島の気象条件で日本では珍しい亜熱帯性植物がいっぱいあるらしい
特にビロウというのが多くて、最高樹齢は350歳

後者は新第三紀に海底の岩が海上に隆起したもの
波の侵食を受けて硬さの違いにより今のような凸凹な形になったらしい

鬼の洗濯板

鬼の洗濯板

これが宮崎スレのスレタイになっていてなんのことかここに来る前はなんのことかわからなかった
この風景が江戸時代とか平安時代より前からあったと考えると胸が熱くなるな

2時間半滞在したけど、結局欲しかったパウワウは出現しなかったので移動


青島の近くの海岸にいい感じの雰囲気の場所があった
カップルで来たら楽しめるんだろうなぁ〜(吐血)
または家族旅行にもいいと思うがいずれにせよ車は必須かと
値段は観光地プライスだったので(料理1200円、お酒500円から)完全スルー

かき氷を売ってる店がかなりあった
あとは冷やしパインとか

帰りは青島〜一つ奥の折生迫駅(おりゅうざこえき)まで歩いた…
距離的には2kmちょいでgoogle mapによると徒歩30分くらい

途中に漁港があって伊勢海老100g590円とかで売ってた以外は特に見所はなかった
ポケストも漁港以降途絶えてなくなった…

折生迫駅の様子

折生迫駅(おりゅうざこえき)の様子折生迫駅(おりゅうざこえき) 単線

ここで1時間待機
壁を沢ガニが登っていたり
ながーーーい触覚がある蜂がいたりかなりう世紀末だった・・・














PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:coffee
職業:物理屋(自称)
趣味:映画鑑賞
自己紹介:
#include <stdio.h>
#include "MyProfile.h"

#define TWITTER coffee_pote

#define WISH_LIST
amazonのほしい物リスト
#ifdef RICH_FLAG
// ↑いつも支援いただきありがとうございます m(_ _)m
#endif


int main(void){

printf("\n");
printf("D論・・・? あぁそんな子もいましたね(執筆中)\n");
printf("\n");
printf("猿でもわかるgnuplot を執筆中(こっちの執筆は半年以上何も進んでいない・・・・)\n");
/* 最終更新 2017/07/19 */
return 0;

}
カウンター
ブログ内検索
ツイートするボタン
Flickr

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]