忍者ブログ
日々の研究生活のメモ書きなど
勢いでblogを作成してしまいました。

扱うテーマについては、C言語(たまーにc++も)、gnuplot、Debian、Macなどです
(これから他のジャンルに手を出していく可能性もあります)
メモ書き程度のものですが、同じことで悩んでいる方の役に立てれば幸いです

本業は学生で、物理屋を目指しています

「bus error」「segmentation fault」で来られた方にはとてもイラっとするブログタイトルで申し訳ありません
bus error はファイルの入出力関連
segmentation fault は配列のindexまわりのエラーである可能性があるので、そこらへんをチェックしてください

last modified 2015/11/6


PR
某用事のため宮崎に行ってきた
空き時間にぶらぶらポケモンしてきたのでメモしておく

ちなみにこの記事は宮崎県からの旅行者向けの内容
車では移動せず、すべて公共交通機関or徒歩にて移動していたので・・・




ちなみに事前に調べた感じでは宮崎にはポケモンの巣はない
一応、宮崎スレで情報を見た感じでは有力なスポットは
臨海公園
イオンモール宮崎
宮崎神宮
宮崎市内
宮崎大学
青島、青島神社(鬼の洗濯板)
・シーガイア
・方財
・神柱神社
・市民の森
・文化公園
・小牧川(ミニリュウ)
とか

赤い場所に行ったのでコメント付きでまとめておく
おすすめは青島と宮崎市内の一番街
それ以外はポケストが少なかったり、ポケモンの出現数が少なかったりと感じた




■ 宮崎神宮
宮崎駅から歩いて30分くらいかかったかも(寄り道してたのできちんとは覚えてない)
距離でいうと2.5~3キロくらい
宮崎駅からはバス、または電車で移動することも可能(電車は便数がほとんどないので注意)
宮崎神宮自体はかなり広い
神武天皇をまつってるらしい

ポケストは遠くから見た感じかなり多い

宮崎神宮付近のポケストの様子

行ってみて気づいたが、神宮の中にはほぼポケソースがない。
なので早々に退散(オイオイヨ)
宮崎神宮の前の和菓子屋はなかなか儲かってそうだった、油を使わないドーナツとか売ってた

それで宮崎神宮駅から電車に乗ろうと思ったけどまったく電車が来ないので臨海公園まで歩いた
1時間ほど待ってたが、天気がよかったのでなかなか心地よかった

宮崎神宮駅の雰囲気
宮崎神宮駅
臨海公園までは東に5キロくらい
道中、地元のスーパーやドラッグストアがあるので水分補給はできると思う
それ以外はただただ田んぼがあるだけなので、特に面白いものはない




■ みやざき臨海公園

臨海公園の雰囲気
臨海公園3臨海公園2臨海公園
臨海公園はかなりポケモンユーザーいた
平日で20〜30人
大阪だと端末を2台起動してポケモンが湧いた場所に移動する人をかなり見かけるけど
ここではみんなだいたいこの辺かな?とか会話しながらポケストを回ってた
ポケストの数はかなり少なくて、10分くらい歩いて5個もないくらい
ただし臨海公園自体、かなり縦長なので自分がいった場所以外はわからない

あとは船を留める入江にもなってて、地形上、入り江の先っぽにポケモンが出た場合はかなりまわりこまないといけないので辛い

出現するポケモンは割とレアなポケモンがいた気がする
基本的に海のポケモン、シェルダー、ゼニガメ、パウワウ、ニョロモとか
履歴を見たら確かラプラスも出現してた
ただそこまでポケソースが多いわけではないので、1日頑張って進化飴が集まるかどうかって感じかも

正直、臨海公園は微妙だったので歩いて
1時間くらいポケモンしたあとで、30分ほどベンチで寝て
イオンモール宮崎へ移動
というか、臨海公園から交通機関で帰る方法がわからなかったのでイオンモールからのバスに乗りたかった




■ イオンモール宮崎

臨海公園からイオンモールは歩いて15分くらいの距離
(今google mapで調べたら2.2kmで28分かかるとか表示されたが・・・・?)
行ってみたらまぁ巨大なショッピングセンターでして・・・映画館もあるらしい
宮崎在住の後輩によると宮崎の人は週一で行くとか

イオンモールの中のポケストは3個くらいだった気がする
(宮崎は基本的にポケストが密集してなくて辛い)
ポケソースの数はかなり多い
イオンモールの敷地内で100個くらいはある(数えてないけど)
常に右下の近くにいるポケモンは9匹いる感じ

出現するポケモンはポッポとかコラッタとかその辺にいるのが多かった
もしかしたら中にはレアポケが出るポケソースがあるかもしれないけど滞在20分くらいだったのでわからん




■ 宮崎市内(一番街)
1番街という商店街周辺はそれなりにポケソースがある
そこにあるミスドからは運が良ければ周辺のポケスト3つにタッチできる
そのミスドの面白いところは
・1200円でドリンク+ドーナツが食べ放題
・深夜3時〜4時まで営業している(曜日による)
ただ飲み屋街のど真ん中にあるので客層は幅広く、常に混んでる

商店街ではなくて、県庁の近くにレアポケしかでないポケソースがあるっぽい
深夜に歩いてたらナッシーが湧いてた

野生のナッシー解散。

技クソ、解散。




■ 宮崎大学
こちらもイオンモール並にポケソースが多くて、進化後のポケモンもかなり出現していた
ただ学内ですぐに行けるポケストが数個しかないので
すぐにボールが尽きた…

一応ここでフシギバナもゲットできた
(走って取りに行ったけどよく考えたら、技が揃ってるフシギバナがもういた…)

野生のフシギバナ



■ 青島

青島海岸から見た青島

青島海岸から見た青島

観光地として有名
ポケソースを見てみたらかなりレアポケ揃い
上記の中では一番魅力的、ポケモンGO的な意味で
もちろん観光地としてもかなりいい

宮崎市内からのアクセス方法は
・電車で青島駅まで行く
・宮崎駅または宮交シティからバスに乗る

前者は電車の頻度がかなり少ないけど370円
後者は頻度は多いけど、700円以上する

青島駅から青島、青島神社まではだいたい一本道
その経路にポケストがぼちぼちある
青島周辺はかなりたくさんの観光客がいた、特に海外からの観光客が割と多くて驚いた
全体から見るとポケストユーザーは1%よりも少なそう
けどジムがいつでも攻撃されていたので、かなりアクティブなんだろう

ただコンビニとかはなくておみやげ屋さんがちょこちょこあるくらいだったので水は念のため持参したほうがいい

出現するポケモンはかなりレアポケが多いと感じた
自分の滞在中に確認したのは
・レアコイル
・ゼニガメ
・二ドリーナ
・フシギダネ
・ピッピ
・プリン
・カブト
・ハクリュウ
・エレブー
とか
あとはニョロモがやたら出た(巣と言っていいくらい)
あと割と海上に湧いて誰が取りに行けるんや、というポケモンもいたので注意

青島神社をそのまま進むと「元宮」というポケストがあってそこで行き止まり
青島の周辺は回遊路にもなっていて歩ける
島への入り口のちょうど反対側に灯台があって、いい景色だった

青島の周りを1周してみた 灯台青島の周りを1周してみた いい感じの雰囲気

ちなみに青島周辺は鬼の洗濯板と呼ばれる自然風景が名物

島の入り口の説明によると
・青島の亜熱帯性植物群落
・青島の隆起海床と奇形波蝕痕
で(特別)天然記念物に指定されているらしい
前者は宮崎の温暖な気候+青島の気象条件で日本では珍しい亜熱帯性植物がいっぱいあるらしい
特にビロウというのが多くて、最高樹齢は350歳

後者は新第三紀に海底の岩が海上に隆起したもの
波の侵食を受けて硬さの違いにより今のような凸凹な形になったらしい

鬼の洗濯板

鬼の洗濯板

これが宮崎スレのスレタイになっていてなんのことかここに来る前はなんのことかわからなかった
この風景が江戸時代とか平安時代より前からあったと考えると胸が熱くなるな

2時間半滞在したけど、結局欲しかったパウワウは出現しなかったので移動


青島の近くの海岸にいい感じの雰囲気の場所があった
カップルで来たら楽しめるんだろうなぁ〜(吐血)
または家族旅行にもいいと思うがいずれにせよ車は必須かと
値段は観光地プライスだったので(料理1200円、お酒500円から)完全スルー

かき氷を売ってる店がかなりあった
あとは冷やしパインとか

帰りは青島〜一つ奥の折生迫駅(おりゅうざこえき)まで歩いた…
距離的には2kmちょいでgoogle mapによると徒歩30分くらい

途中に漁港があって伊勢海老100g590円とかで売ってた以外は特に見所はなかった
ポケストも漁港以降途絶えてなくなった…

折生迫駅の様子

折生迫駅(おりゅうざこえき)の様子折生迫駅(おりゅうざこえき) 単線

ここで1時間待機
壁を沢ガニが登っていたり
ながーーーい触覚がある蜂がいたりかなりう世紀末だった・・・














計算に11時間かかるッスって言ったら並列化すればいいじゃん
なんならコードの並列化をやってあげる
という優しい言葉を受けて初めての並列化に手を出してしまった・・・・
わからないことだらけなのでメモしておく



まずはMPIのインストール
省略




■ 参考 : MPI Hello World

上記のサイトを参考にしてテストコードを書いてみる
途中まで読んで英語だったからめんどくなった・・・


■ 参考 : MPI「超」入門(C言語編) - 東京大学
↑難しいすぎる、猿の私には上っ面しかわからんかった

■ 参考 : MPIを用いた並列プログラミングの概要


こっちに日本語の文章があったのでこっちを見て行く

大事なのは「各プロセスは同じことをやるがデータがそれぞれ異なる、大規模なデータを分割し、各部分について各プロセスが計算をする」ということだと思う
並列のためにでかいデータを分割する、というのは初めてなので工夫しないといけないなぁ〜
スライドの中盤にも、「領域分割」としてそのことが書いてあった

・PE : Processing Elementの略、ここではプロセスという意味で使っているらしい

・MPIのプロセス番号は0から始まる、なので8プロセス走らせる場合は0~7が割り当てられる

・MPIのコードのコンパイラはgccではなくて、mpiccというのを使う

・MPIに関連した変数名はMPIで始まっている
 なので、ユーザー独自の変数としてMPIなんとかは使わない方がいい
#include <mpi.h>
まぁ、こういうヘッダーファイルがいるんだろう
インストールがうまくいってPATHがきちんと通っていれば問題ないはず
MPI_Init(&argc,&argv);

MPI_Finalize();
すべての並列化処理は MPI_Init から MPI_finalize の間で書かれなければならない
MPI_Comm_size(MPI_COMM_WORLD,&numprocs);
必須ではないらしい
これで総プロセス数の取得をしているらしい
numprocsがプロセス数
MPI_Comm_rank(MPI_COMM_WORLD,&myid);
起動した各プロセスにはそれぞれ「ランク」と呼ばれる値が割り当てられ、それを取得する関数
ランク値は他のプロセスを指定して通信するときとかに使うらしい


便利そうなのは
MPI_Barrier
すべてのプロセスの同期を取ってくれる関数
すべてのプロセスがこのサブルーチンを通らない限り、次のステップには進まない

と思ったけど「主にデバッグに使う、オーバーヘッドが大きいので実用計算には使わない方が無難」と書いてあるわ・・・・
sprintf(FileName, "%d.txt", MyRank);
のように各プロセスの通し番号を使うこともできる


MPIはCPU core毎にMPIプロセスを実行する
Rank数はコアの数に等しい

hostfileのフォーマットは
node01 slots=4
node02 slots=4
node03 slots=4
node04 slots=4
node05 slots=4
みたいな感じらしい
slotsには各ノードのCPU数を指定する


プロセスごとに通信(送信/受信)とかもできるらしいが、そんな難しいのはまだいらないと思うので・・・
今やりたいのは、単純に1つのコードを複数のプロセスに分担させて並列で走らせたいだけ







ほんとたまに使うだけなので、いつも関数名を忘れるのでメモ
(そうだこのブログはポケモンGOブログではなくて備忘録だった!)
#include <complex.h>
double complex hoge;

double real_part = creal(hoge); //実数部のみ
double imaginary_part = cimag(hoge); //虚数部のみ

double absolute = cabs(hoge); //複素数の絶対値
double phase = carg(hoge); //複素平面上の偏角

double complex conjugate = conj(hoge); //複素数の共役複素数

double complex conjugate = cpow(hoge); //複素数のベキ乗(使うのか?)










自分のコードのバグでオプション名の画像を作成してしまった・・・・
rm -x10:1590.png
ではオプションとして認識されて削除できない
rm "-x10:1590.png"
rm '-x10:1590.png'
とか試したけどダメ


ググったら2通りの解決方法が見つかった
rm ./-x10:1590.png
rm -- -x10:1590.png

前者のは頑張れば気づきそうだったが、ダメだった








grep -r "hoge" *.c
とかやりたかったけど、できないっぽいので、解決方法を探したら見つかった
find ./ -name '*.c' | xargs grep "hoge" --color

*.cの中からhogeを全文検索
最後の--colorは色を付けてるだけ
















再起動したら直ったが




状況的にはMacのfinderでquicklookで画像を見ながら画像整理をしていたら
突然(本当に突然)、Macをログアウトさせられたもう一度ログインしてみて、同じ自作スクリプトを使って画像整理していたら

LSOpenURLsWithRole() failed with error -600

というエラーが出だした
ググってみたら、tmuxでopenコマンドを使っているから〜〜〜という記事もあったが、それはよく見たらエラー番号が違った

■ 参考 : Macで open . が失敗する

という記事もあったが、解決せず・・・

とりあえず再起動するかってことで再起動したら直った










%で真ん中に点
\cdot

% で真ん中に3点、数式中で省略するときに使用
\cdots




二股に分かれた数式は、cases.styを活用する

■ 参考 : 場合分けcases環境において
■ 参考 : Direc­tory macros/latex/contrib/cases

tex
\begin{subnumcases}
{\int_{0}^{1} x(t) y(t) dt =}
\neq 0 & ($x \perp y$) \\
=0 & ($x\not \perp y$)
\end{subnumcases}
















(2016/9/12 追記) 自分の孵化数がさらに増えたので画像とデータを置き換えた

統計数も増えてきたので、グラフから現状では
2km卵の孵化は 5~10個の飴
5km卵の孵化は 10~23個の飴(23個の飴が1イベントなので、たぶん25個まで伸びそう)
10km卵の孵化は 16~31個の飴(こっちは孵化の総数が少なすぎる)
がもらえる

5km卵で、10個と21個でピークがあるのが謎




(2016/9/7 追記) 自分の孵化数が増えたので画像とデータを置き換えた




ポケモンGOの卵孵化時にもらえる飴の数を調べてみた

結果↓
横軸が飴の数
縦軸がその頻度

pic_myegg自分で孵化した卵のうち1つだけもしかしたら見間違えたデータがあるかもしれない・・・(コイキングの卵から15個の飴がもらえた)
それを見ないことにするなら、
・2km卵からは5~10個の飴がもらえる
・5km卵からは10~25個の飴がもらえる
・10km卵からは15~30個の飴がもらえる
ってことになりそう
ゲーム制作者側がキリのいい数字を設定してるだろうと思って、こういう風に見てるけど、もしかしたらもっと端数なのかもしれない

あとtwitterから拾ってきたデータがもしかしたら飴が極端に多い(少ない)例を持ってきてしまっている可能性もあるので(けど今回はまだ1人のtwitterアカウントからしか収集してない)
分布の形については見ない方がいいです
ひとまず最小値と最大値が知りたかっただけなので・・・

ただ分布の形を見るなと言われても、5km卵の分布は両端が極端に多いがなんでだ?
本当にこういうもんなのか?




これを書いたgnuplotを使ったスクリプトコード
#!/bin/sh

input1=myegg.txt
input2=twitter.txt

xmin=0
xmax=30
nbin=30
ymax=20

BW=0.3

for distance in 2 5 10
do
awk "{if(\$3==${distance}){print \$1}}" ${input1} > tmp1.txt
awk "{if(\$3==${distance}){print \$1}}" ${input2} > tmp2.txt
cat tmp1.txt tmp2.txt > ${distance}.txt
cat ${distance}.txt | gsl-histogram ${xmin} ${xmax} ${nbin} > hist_${distance}.txt
done

basename1=${input1##*/}
filename1=${basename1%.*}

gnuplot <<EOF

set term png
set output "pic_${filename1}_opacity.png"

set title "written by @coffee_pote" noenhanced

set xlabel "number of candy"
set ylabel "histogram"
set xrange [$xmin:$xmax]
set yrange [0:${ymax}]
set xtics ${xmin}, 2, ${xmax}
set mxtics 1.0

set style fill transparent solid 0.5 border lc rgb "black"
set boxwidth 1.0

plot \
"hist_2.txt" u 1:3 w boxes lc rgb "orange-red" title "2km", \
"hist_5.txt" u 1:3 w boxes lc rgb "light-green"title "5km", \
"hist_10.txt" u 1:3 w boxes lc rgb "purple" title "10km"

unset style

set output "pic_${filename1}.png"

set style fill solid border lc rgb "black"
set boxwidth ${BW}
plot \
"hist_2.txt" u 1:3 w boxes lc rgb "orange-red" title "2km", \
"hist_5.txt" u (\$1+${BW}):3 w boxes lc rgb "light-green"title "5km", \
"hist_10.txt" u (\$1+${BW}*2):3 w boxes lc rgb "purple" title "10km"

EOF



データは2種類ある
1つは自前で測定したデータ
2つめはtwitterで「孵化 pic」とかで検索してひとつひとつ数えたデータ

■ myegg.txt
0 飴の個数 0
16 エレブー 10
19 ビリリダマ 5
5 コイキング 2
25 イーブイ 10
17 メノクラゲ 5
7 ピカチュウ 2
25 カイロス 10
9 ズバット 2
13 ニドランオス 5
21 ビリリダマ 5
8 キャタピー 2
19 アーボ 5
19 ブーバー 10
5 ゼニガメ 2
17 マダツボミ 5
14 アーボ 5
8 ビードル 2
8 コイキング 2
20 タッツー 5
20 ニドランオス 5
10 ポッポ 2
21 ニドランメス 5
17 メノクラゲ 5
10 ポッポ 2
20 ナゾノクサ 5
8 コラッタ 2
19 ガーディ 5
6 ゼニガメ 2
15 コイキング 2
16 コダック 5
10 ワンリキー 5
8 ポッポ 2
20 イーブイ 10
10 コイキング 2
20 サワムラー 10
16 モンジャラ 5
9 キャタピー 2
28 イーブイ 20
17 スリープ 5
18 ドードー 5
5 キャタピー 2
9 コイキング 2
21 パラス 5
14 ケーシィ 5
18 マンキー 5
10 コイキング 2
5 ヒトカゲ 2
16 マンキー 5
13 シェルダー 5
20 ヒトデマン 5
5 ゼニガメ 2
13 ヒトデマン 5
21 サイホーン 5
6 ヒトカゲ 2
17 ガーディ 5
15 コダック 5
17 サンド 5
8 コラッタ 2
6 コイキング 2
13 ロコン 5
9 コラッタ 2
16 マダツボミ 5
16 ニドランオス 5
11 ドードー 5
10 ビードル 2
8 ビードル 2
26 イーブイ 10
21 マンキー 5
6 ビードル 2
16 シェルダー 5
21 ナゾノクサ 5
10 ヒトカゲ 2
8 ポッポ 2
10 ビードル 2
8 ズバット 2
10 キャタピー 2
8 イシツブテ 2
15 ニドランメス 5
21 サンド 5
さっき書いた通り、これ↓全部一人の孵化です
すごい・・・
■ twitter.txt
10 ロコン 5
15 コンパン 5
21 ニドランメス 5
13 サイホーン 5
23 ポニータ 5
31 カイロス 10
17 ラプラス 10
19 カイロス 10
10 ヒトカゲ 2
12 コイル 5
18 スリープ 5
11 ケーシィ 5
21 マダツボミ 5
29 カビゴン 10
12 ディグダ 5
5 ヒトカゲ 2
7 キャタピー 2
8 コラッタ 2
21 ポニータ 5
5 ズバット 2
21 ニドランオス 5
10 ニャース 5
18 コンパン 5
21 ナゾノクサ 5
10 トサキント 5
10 ニドランオス 5
12 ニドランメス 5
19 ガーディ 5
19 カラカラ 5
10 ヒトデマン 5
15 スリープ 5
12 サンド 5
10 ナゾノクサ 5
10 ナゾノクサ 5
14 ナゾノクサ 5
16 ナゾノクサ 5
5 オニスズメ 2
19 カイロス 10
17 ラプラス 10
15 ナゾノクサ 5
13 コダック 5
21 シェルダー 5
18 カブト 10
17 ラプラス 10
29 ルージュラ 10
17 ヤドン 5
18 クラブ 5
17 カラカラ 5
14 マンキー 5
10 ワンリキー 5
18 アーボ 5
10 アーボ 5
15 ニョロモ 5
16 ニョロモ 5
10 ヤドン 5
9 フシギダネ 2
10 フシギダネ 2
21 ポニータ 5
31 カイロス 10
13 サイホーン 5
10 ロコン 5
15 コンパン 5
21 ニドランメス 5
22 イーブイ 10
21 ヒトデマン 5
21 コダック 5
21 パラス 5
10 ロコン 5
15 コンパン 5
21 ニドランメス 5
13 サイホーン 5
10 ニドランメス 5






ifconfig

■ 参考 : ターミナルからプライベートIPアドレスとMACアドレス、ルーティングテーブルを確認する

(本文短・・・・)















さっき、カテゴリーのところでポケモンGOって記事を作ろうとしてすんでのところで踏みとどまった・・・・
(いや、実は作ったけど記事の移動が超めんどくさいことに気づいてやめた・・・)




あと最近、flickrにアップロードした画像を引用した記事ばっかりですんまそん
たぶん画像を読み込むのにえらい時間がかかると思うので・・・単純にflickrが軽量なものを開発しないのが悪いと思う・・・




ポケモン図鑑完成(日本で手に入る142匹コンプという意味で)まであと19匹
(さっき外を歩いていたらガーディが孵化して進化できるようになったのであと18匹か)

本当はゲットに思い入れのあるポケモンについて全部コメントを書きたかったけど、紙面の都合で無理だった(めんどくさかった)のでこっちに書いとく・・・

ポケモン図鑑1
ニド*系は進化がかなり大変だった覚えがある・・
ニドキングでストーンエッジを使いたかったけど、残念ながら違うワザだった



ポケモン図鑑2
キュウコン進化にもかなり苦労した・・・
すべてのロコンが卵産だから4匹くらい孵化したんだろうか?

ズバットはかなり捕まえた・・・
今図鑑を見たら159匹捕まえたらしい

ちなみにポケモン図鑑で今までゲットしたそれぞれのポケモンの数を見れます
実は図鑑で捕まえた回数が分かる



ポケモン図鑑3
野生のワンリキーを見たことがないから、カイリキーもかなり鬼門かもしれない

カモネギは影自体は何度も見たけど、忙しくてそれどころではなかったり

ギャロップは最近やっと進化できた

ベトベトンはいろんな人がレアで見つからないと書いてるけど、自分はベトベターの孵化で進化させられた
(というかこのほとんどの図鑑は卵孵化の賜物)

ゲンガーはまさかの野生でゲット(CP200だったけど)

シェルダーもすべて卵孵化

パウワウは和歌山のマリーナシティにいるらしいけど(巣かは知らん)、1日で進化までの飴を貯められるかによって行くかいかないかは変わる

イワークは巣が行ける範囲に回ってくるまで手に入らないだろうなぁ〜


ポケモン図鑑4
サワムラーは最近10km卵から産まれたばかり
CPが低いので完全にベンチだが

ベロリンガは以前、自宅周辺で影を見かけて捜索中にまさかのso-netの0-simが接続中断しやがったせいで
10分くらいネット接続が切れて途中で断念・・・
次、接続不調になったら解約します

ガルーラ/バリヤード/ケンタロスは海外固有種
5km卵から孵化したという情報も見られるが、おそらく全部ガセだと思われる
もし卵から産まれるなら報告数が圧倒的に不足してる気がする、ポケモンの色違いどころの騒ぎではない

ブーバーは巣が富山の城址公園が巣だったらしいけど、出逢わなかった
まぁそのうち出くわすでしょう

ストライクはカッコいいので割と使ってる
レベル最大でCP1500とか、おそらくHPか防御のパラメーターの種族値的なものが低いからだと思われる
ただ、れんぞくぎりはかなり連打できて、それでいてゲージの溜まりも早い
おすすめワザはれんぞくぎり/むしのさざめき
さざめきはゲージ2のワザなのに、火力が75とか要調整な気がする
ナッシー相手にはCPでかなり劣っていても、勝てる可能性がある

ただ、原作でのストライクは完全に物理なので、特殊はありえないと思うが・・・
それならむしくい/せっかあたりを使いたい

昨日、ついにコイキングを進化させられました!
結果は以下のとおり

ギャラドス
ギャラドス 解散!
はい、解散。



ポケモン図鑑5
未確認のポケモンばっかりのページ

カブトは以前書いた通り、富山は高岡の城址公園で50個飴を集めてきました

■ 過去記事 : 【ポケモンGO】富山県のホットスポット(古城公園(当時カブトの巣)+松川沿い)に行ってきた


ポリゴンは5km卵で産まれた

ラプラスは配信3日目くらいに10km卵から産まれて嬉しかったなぁ・・・
皆から「どうやってゲットしたの?」って聞かれた覚えがある

ミニリュウは家から100mほどのところに、ミニリュウが割と湧くポイントがあるので・・・
ただ1日1匹取れたら良い方なのでまだ飴があと42個
ちなみに野生のハクリューもそこでゲットできた





今日見かけたページで海外の方がポケソースの湧き時間を調査して明らかにしたというページがあった

■ 参考 : Pokemon GO Spawn Points Guide

英語で書いてあるけど、この人はドイツ人っぽくて結局いまいちよくわからん・・・

大事なことだけ書くと
・リスポーンの種類は6種類ある
・毎時間ポケモンが出現する TheSilphRoad and PokemonGoDevが明らかにした
・何分に出現するかは固定されている 例えば 10:23, 11:23, 12:23, 13:23のように
・ポケモンがいつからいつまで出現してる時間はいつでも鯖から端末に送信されてるけど時間まで有効じゃない(これをTTHとこの人たちは呼んでいる)


リスポーンメモ3
リスポーンの分類分け(6種類ある)
英語がわかりにくいので、これで合ってるかはわからんちん


リスポーンメモ2
上の文章を図にしてみた絵
なんか上の文章と食い違ってるところが多々あるが、結局よくわからんちん


リスポーンメモ1
たぶんこれがメインの結果、この人たちはアプリのソースを解析したわけではなくて
上記の6種類のポケソースがあるとモデル化した上で実際にポケソースに湧く時間を測定したらしい
(どうやったかは知らないけど、もしかしたらpoke Gみたいなツールを使ったのかもしれん)

探索した範囲は
・ドイツ(都会と田舎、合計650km^2)
・(たぶん)オーストラリア

結論については書いてないけど、見て分かる通り、明らかにType: 1x15が多い
type 1の理解が正しければ毎時0分~15分に湧くソースが一番多いってことでいいの? 本当に?
なんかポケソースの理解を勘違いしてる気がする・・・

結局ここまで読んで、ポケソースの湧き時間の間隔が分かったところで
なんやねん・・・という気しかしない




「いつ始めたか?」「今の合計経験値は?」という情報からいつトレーナーレベル30または40になるかを教えてくれるサイト
■ 参考 : POKEMON GO LEVEL SPEED CALCULATOR

やってみた

Lv30まで37日かかる
30になるまであと37日もかかるのかよ・・・・





■ 新ポッポマラソン

最近ある動画で見かけた情報によると、しあわせたまごを使いながら進化をさせまくるとき
(自分はこれを勝手に進化ラッシュと呼んでいるが)
このとき、進化画面を眺めているよりも、アプリを再起動した方が時間短縮になるらしい

実はポケモン初日にご飯を食べながら後輩とポケモンGOをしていたら
「それ再起動した方が早くないですか?」と言われたのを思い出した
(実際には再起動って言葉じゃなくて、横文字のよくわからないことを言われた気がする リブートとかではなくて、リなんとかだった気がする)
さすがゲーム廃人はいろんなゲームでの経験があるから油断ならねぇなぁ・・・

「ほぅ・・経験が活きたな」


ちなみに、今日試してみたところ30分で60匹進化できた
実はやる前はかなり疑っていたので、本当に経験値が増えているか/進化カウントが増えているかとかチェックしながらやっていたので本気でやれば70匹は軽く超えると思われる
あと新しいポケモン(ライチュウ/サイドン/ギャラドス他)の図鑑登録画面を見たかったので
そこはスキップしてなかったりして、余計な時間が含まれてマッス

進化前
進化ラッシュ前
進化後
進化ラッシュ後




■ 野生のシャワーズ

野生のシャワーズ
昨日家の近くにいたけど、どうせCP低いだろうし、もし高くても捕まえるボールの数が尋常じゃないと思うので
めんどくさくて放置した・・・




あと、卵孵化時にもらえる飴の数についても面白いことがわかってきた
どうやら2/5/10km卵ごとにもらえる飴の数には上限があるっぽい
特に、2km卵孵化でもらえる飴は10個いかない

他の傾向などはもっと統計量が溜まってきてからヒストグラムを書きたいなぁ〜と思っていますが、
今は少し忙しいのでそのうち・・・・・

あと自分で孵化させた卵だけでは数に限りがあるので(今のところ31サンプルしかない)
どうしようか悩んでる・・・
twitterとかで卵孵化の画面を探しまくるのはアリだけど、変に飴の個数が多い画像ばっかりだと分布が変わるし・・・・・









texではいろんなものが予約語として使われているので、ソースコードやパスを表示させるのがめんどくさい
そういうときは、そこに打った文字をそのまま表示させるためのverbを用いる
\verb|ここに打ったものが直接表示される |
verbのあとにスペースを空けずに何か記号を入れる、この場合は |
次のこの文字が来るまでがこのマクロの引数になっていて、それが直接表示される
この文字はなんでもよくて、ページによっては+とか使ってるところもある(打ちやすさでは|より+のが優勢か)

\verb*|ここに→ 空白文字が直接表示される |
verb* では空白文字が表示される

\begin{verbatim}
hoge
foo
bar
\end{verbatim}
こっちは複数行に渡って書ける
この関数内の改行がそのまま改行になる





簡単にレポートを書きます
事前に富山県のポケモンの巣についてある程度調べたが、あまり情報がない・・・
高岡市の古城公園と富山市城址公園くらい?





■ 富山市の城址公園

城址公園は昼過ぎに行ったがかなりポケモンプレイヤーがいた(写真参考)

この赤い橋の付近がポケストが密集してて熱かった
ただ、ポケストを10個回るボーナスはそんなにポケストの総数が多くないのでめんどくさそう
城址公園のポケモンユーザーの数・・・・

城址公園はこんな感じ
富山城址公園2富山城址公園1

また、城址公園の横にある松川はかなりポケストの密度が高い
松川沿いに神通川まで行って帰ってくるというルートが良さそう
出現したポケモンはコイキングとか・・・
ここで、2匹ミニリュウを捕まえたがいつでも出るというわけではなさそう
松川

歩いてて気持ちがよい
松川沿い
松川沿い2



あと富山駅付近は割とドガースが出る気がする
自分の家付近では出ないので(持ってたドガースは卵から産まれた)、かなり助かった
マタドガスへの進化のために飴を集めようと思っていたら、そもそもマタドガスも野生で出現した・・・・タスカリマス
まさかのマタドガス






■ 高岡市の古城公園

公式ページで見てみると、高岡駅から北へ徒歩15分くらい
富山駅〜高岡駅は あいの風とやま鉄道 で20分程度、360円
(これはJRじゃないので、青春18切符では乗れないらしい)

高岡駅前の様子
飲み屋は数検あった気がするが、本屋とかコンビニとか薬局とかはパッと見て見つけられなかった
たぶんでかい国道沿いに全部あるんだろう・・・
高岡駅前のロータリー

高岡駅から古城公園への地図
高岡駅付近


このあたりから古城公園
古城公園 入り口


古城公園のカブト出現メモ
大事なことは中央付近にはあまり湧いていない
おすすめルートは後述
古城公園のカブト履歴

古城公園の中心部付近はかなり起伏がある道になっている
城だったときの名残?
ここを5kg以上の荷物を持って、走り回るのはほぼ2徹後の身体では無理だったので
ルートをあれこれ考えることに・・・
古城公園内の風景5

わかりにくいかもしれないけど、黒い部分が道になっていて
古城公園の掘り沿いに歩ける
自分が行った時間帯はここが一番カブトの出現が多かった
(出現したカブトはどれもポケストのすぐそばだった)
古城公園おすすめルート

進化に必要な飴を50個集めたので撤退
1時間で9匹ゲットできた(事前に10km卵からカブト自体はゲットしていたので少しだけ飴を持っていた)
カブト進化レディー





■ おまけ

富山市 神通川からの風景
天気がよかった
神通川から パノラマ #mysky

富山駅前の飲み屋にて
富山のお刺身2


古城公園内の風景
古城公園内の風景6

えぐいくらいカラスが飛んでいて不気味だった
古城公園内のカラス古城公園内のカラス2

突然の高岡大仏
突然の高岡大仏


高岡駅の地下でやっていた
自酒飲み比べ

地元大好きっぽいおっちゃんと少し話した
古城公園はその名の通り昔は城だったらしい
あとは何か面白いことを言っていたけど、疲れと酔いで忘却
500円で飲み比べ

次回は高岡に泊まりで、ポケモン以外のことを楽しみたい
そういえば氷見うどんを食べられる店がまったくなくて食べられなかった・・・









過去の記事は こちらから

ほとんどまだ噂段階ですが一応メモしておきます
未検証やネット上でちらっと見かけただけの情報ですので完全には信用しないでください




なぜか近況報告がメインになりつつある・・・
まぁどこかに書いてまとめておかないと、すぐに忘れてしまうのでショウガナイネ(このブログの大きな目的のひとつ)






■ 2000匹ポケモン捕まえた

7月22日からプレイし始めて、1ヶ月ちょいで達成
1つ前の記事にも書いたけど、富山駅前の2日で100匹が大きく影響してるのは言うまでもない

1999匹
あと1匹で2000匹

最後はコラッタだった
2000匹メダル

■ 10km卵の中身測定中
500個割ったらまた書く
今のところ全体のうち約5%が10km卵
10km卵の中身

■ 卵孵化時にもらえる飴の数測定中
画面に表示されるのがほんと一瞬なので、見逃したらもうわからない
12例だけだけど今のところ最小で6個 最大で28個手に入ってるらしい
飴の個数

近況報告終わり







■ 回復アイテムは複数匹を同時押しすれば、同時に使える
ただし、認識に少し時間がかかるので1匹ずつ押していくのとどっちがはやいかは知らない


■ ポケモンを進化させると飴が1個もらえる
なので、ポッポマラソンとやらは12個で進化ではなくて実質11個で進化と思った方が良い
もしかして絶対1個ではなくランダムな個数かと思って測定してみたが、たぶん1個だけしかもらえない


■ 進化させたばっかりのポケモンはどれもサイズがxs
これが何を意味してるのかはわからないけど、こないだポケモン友達に教えてもらった


■ ゲットしたポケモン画面をキャンセルするには画面のどこを押しても良い
画像がないと明らかに何を言ってるのかわからないと思うけど、そのうち画像は用意する予定


■ ジムバトルで、左上に表示されてる数字はおそらくジム攻撃人数の合計(いつから表示されるようになったかは不明)
奥にいるポケモンは味方のポケモン
ジムに入った瞬間に大ダメージを受けたり瀕死になったりするのはたぶんこのせい
バグだろうなぁ〜・・・
ジム対戦時









もらったメモにここで「git fetch origin hoge」をしてねと書いてあったがfetchって何?状態なので調べた

■ 参考 : Git 再入門 リモートリポジトリを使った作業

このページがとてつもなく分かりやすかった
自分みたいなアフォにわかるような文章を書いてくれて助かります・・・・


git remote
で、登録されているリモートリポジトリが一覧になる
詳細が知りたいときは
git remote show [リモートリポジトリ名]
おそらく .git/configに書いてある情報と同じだと思う

fetchはリモートリポジトリから最新情報をローカルリポジトリに持ってくるコマンド
ワーキングツリーには反映されないので、現在編集中のファイルが変更されることはない
ここがおそらくgit pullした場合との一番の違いか
ここで、修正したログがどういう風に扱われるのかが少しわからない・・・


リモートリポジトリなので、そもそも手元のmasterとはまったく別のbranchとしてgit fetchは落としてくる(これが一番の違い)
リモートリポジトリを手元に落としてきたあとで、git mergeまでやってコンフリクトが起こる可能性があるのがgit pull
な〜るほど〜〜〜

git のコンフリクトとか恐ろしくて手をつけたくないわ・・・
git fecth
git fecth [リモートリポジトリ名]
git fecth [リモートリポジトリ名] [branch名]
という使い方がある
git fetch --all
ですべてのリモートブランチをfetchする




■ 参考 : git pullは、fetchしてmergeするのと同じなのか?
実は git pull はC言語で実装されていません。git-pull.shというシェルスクリプトです。
へぇ〜
結論

git pullに、何も引数を付けずに実行した場合、git fetchしてgit mergeするのと同義であると確認できました。

伝説は本当でした。
だそうだ










sort -r

# Linuxのみだが
tac

# Macでは
tail -r
でできる

■ 参考 : 逆順出力 tac と tail -r




ついで、sortについてメモしておく
sort -k1
で、データが複数列ある場合でも1列目のデータについてソートを行う
awkと相性がよい











■ 過去記事 : 【condor】shared libraryを使ったプログラムをジョブに渡すとき




condorについて改めて調べてみたのでメモ

■ condor_q をなんども実行するのは面倒な人は、
while /bin/true ; do condor_q; sleep 2; clear; done
をaliasに登録しておけば良さそう(またはシェルスクリプトにしておくとか)

■ 参考 : Condorを用いたグリッドスケジューリング導入実習

■ 同じジョブを複数個投入する
universe = vanilla
executable = hoge
arguments =
output = out.txt
error = err.txt
log = log.txt
queue 1
これの最後の1を10にすれば、同じジョブを10個投入できる
ただしこのままだと10個とも同じ引数や設定で実行され、出力も同じファイルにされてしまう


■ ジョブの削除
condor_rm [ID]
 または
condor_rm [user name]
 または
condor_rm -all
でいけるらしい


■ 計算ノードを指定する
Requirements = Machine == "fedora-virt8.jp.example.org"
のようにジョブファイルに書いておけばいけるらしい
"fedora-virt8.jp.example.org" の部分を置き換えて使う

■ 参考 : Condorを使ってみた(1)

やってみたが、うまくいかない
ジョブ投入後ずっと、idle状態でrun状態にならない・・・



■ 実行順序のあるジョブの実行方法
というのがあるらしいけど、よくわからん
通常のジョブファイルとは別のファイルを作って、condor_submit_dagというコマンドでジョブ投入をするらしい



結局知りたかったことは、ジョブを遅延させて投げる方法だけどわからん・・・・















「1つの記事にまとめろよ!」
まったくその通りでございます




過去の記事は こちらから

ほとんどまだ噂段階ですが一応メモしておきます




■ 野生のポケモンにボールを投げて、捕まらずにボールから出てしまったときに
相手が自分から遠ざかってボールが当てにくくなることがよくある
そういうときは
1. 右上のARボタンを教えて、ARを起動 -> もう一度ボタンを教えてARを会場
または
2. 一度左上の逃げる -> もう一度野生のポケモンをタップして捕獲画面に入る
とポケモンの位置が初期位置にリセットされている

割と便利なのでおすすめ
特に相手がズバットのときとかはかなり遠投しないといけないので必須


■ ポケストでもらえるボーナス
というのがあるらしい
確かにポケストを回っているとたまに、たくさんのアイテム(6個以上)をもらえるときがある
運がいいなぁ〜くらいにしか思っていなかったけど、実はそれはボーナスらしい

■ 参考 : 【ポケモンGO】XPやアイテムのボーナスが貰えるポケストップの巡回方法

条件は
・30分以内に10個の重複しないポケストを回る
・ポケストを回る間隔を10分以上開けない

都会とかだと、割と簡単にもらえるボーナスだと思う・・・(うちは田舎ですが)






■ 近況報告

ついに図鑑100匹達成
GPSレシーバーもゲットしたので、また夜中に忙しい生活になる・・・・

図鑑100匹

昨日実家に帰るまでに15kmほど歩いたら、10km卵が4個も溜まって笑ったw
今日も少し歩いてたらそのうち3個孵化してエレブー*2, ルージュラだった

10km卵が4個・・・

こないだ友人と車でぶらぶらしてたら、4匹くらい密集沸きしてて吹いた

こないだ友人と車でぶらぶらしてたら、4匹くらい密集沸きしてて吹いた








ポケモンGOのために外付けGPSレシーバーを買いました
まだ使い始めて1日ですが簡単に感想などメモしておきます




■ ポケモンGO プレイ環境
外付けGPSレシーバー
iPod touch(第6世代) 32GB iOS 9.2
ネット回線は 0sim(so-netがやっているdocomo回線を使ったサービス)
テザリング端末 G602S-L02 (simフリー端末)


■ 軽い
まずレシーバーを持ったときに最初にこれを感じた
50gらしい


■ お手軽
本体にはスイッチ1つしかなく、bluetooth経由でiPod touchと接続できる


■ 本体が熱くない
このロガーなしで、ポケモンGOをしながら出歩いているとiPod touch本体でやけどするくらい熱くなっていることがある
おそらくGPSがなくて、色々な通信をしているからだと思うけど
このGPSレシーバーを使い始めてからはその熱さがなくなった気がする(1日だから本当か確信を持てないけど)
おそらく以前よりからはiPod touchの電池の持ちが伸びるんじゃないかな〜と期待している


■ GPSロガー
touchと接続しなくても単体で、GPSロガーとしての役割を果たすらしい
便利だ・・・
一度登山などで使ってみたい
スイッチをONにして1秒以内に、スイッチをOFF、もう一度ONにするとロガー機能が起動するらしい

ただ、どうやってデータを吸い出すんだろう・・・?
フォーマットはNMEAまたはKMLらしい
公式サイトではwindows向けのアプリしか提供していないっぽい
説明書を読むと、Mac BookユーザーはUSBなど不要、bluetooth経由でデータを転送するらしい
すげぇ・・・・


説明書にある単語がわからなくてググったら、実は様々な信号を受信できるらしい
QZSS : 準天頂衛星システム
GPS : アメリカの衛星測位システム、グローバルポジショニングシステム
GLONASS : ロシアの衛星測位システム(Global Navigation Satellite System)
他にもWGNOS, WAAS, MSAS, GAGANとか色々なシステムがあるらしい
位置測定に使える衛星が増えるとそれだけ、位置測定が行えない場所が減るので助かる
iPhoneは公式ページを見る感じでは「GPSおよびGLONASS」としか書いてないので他のは対応していないGPSチップなのかな?


どうでもいいけど、これらのシステムのことを一緒くたにして「GPS信号」と言ってしまうのは微妙なので
次からは「衛星を使った位置測位システム」って言おうかな・・・


GPS衛星+みちびきがどれくらい精度よく位置測定できるのかは以下のページに説明があった
高速移動体で1m以下、低速移動体で数センチメートルの精度を目指します。
■ 参考 : GPSとQZSSの共存

じゃあみちびきは完璧か?というとそんなこともないらしい
詳しくは以下をどうぞ

■ 参考 : どうなってるんだ!準天頂衛星・みちびき


■ 1日使用してみた感想は、
wfi経由のおおざっぱな位置測定をしているiPod touchよりもはるかに精度よく現在地をフォローしてくれる印象を受けた
実際、今まで近くにいるのにすぐに入れないポケストやジムにすんなり入れたりと恩恵を受けることができた・・・

ポケモンGOを初めてもうすぐで1ヶ月経つが、まだポケモンの巣の恩恵を受けれていないので
近いうちにポケモンの巣に行ってみたい・・・


■ GPSレシーバーを使うデメリット
最初にプレイ環境のところで書いたが、
 iPod touch本体
 テザリング端末
 GPSレシーバー
これらに加えて、モバイルバッテリーを持ち歩いているので、割とかさばる
ポケモンGOだけのために出歩くとき以外は、常に仕事道具であるMac Book airも持ち歩いている・・・・
最近、モバイルバッテリーを持つのをやめてこのairですべての充電をまかなえないかなと考えているがまだ解決策は見つかっていない
ちなみにMac Book airのバッテリー容量よりも、モバイルバッテリーの方が容量が大きかった・・・ もう2年くらい使ってるからなぁ・・・

これらの持ち歩くガジェットの数以上にめんどくさいのが充電ケーブル
実はそれぞれ異なったケーブルが必要
 iPod touch -> lighteningケーブル
 テザリング端末 -> micro USB
 GPSレシーバー -> mini USB

このテザリング端末を買う前はmicro USBに縁のない生活をしていたのに・・・
mini USBは10年以上前に、MDプレイヤーを使っていた頃に見た覚えがある(もしかしたらまったく違うケーブルなのかもしれないけど)










タイトルですべて終わってるけど、メモ

latex-image-1
A = \overline{B+C}


似たようなコマンドで、\barってのがあるけど、それはもっと短い直線しか引けない


latex-image-2
(\because {\rm Eq}.(5))




latex-image-3
\lim_{T \to \infty} x(t)





過去の記事は こちらから

ほとんどまだ噂段階ですが一応メモしておきます
また、ポケモンGO稼働2週間程度の情報ですので信用しないでください





■ 個体値測定について、いろんなサイトが用意されているらしい
こっちはポケモンビジョンと違って、合法なので・・・・
■ 参考サイト : 【ポケモンGO】個体値チェッカー一覧&使い方まとめ

画像をアップロードして、レベル測定〜個体値判断まで自動でやってくれるページもあるらしい

自分が以前見たページでは、google アカウントでログインすると
すべての手持ちポケモンの個体値を自動で測定してリストアップしてくれるページもあった気がする
けど、google アカウントでログインすることになるので、ちょっと怖い・・・・



■ 参考サイト : 【ポケモンGO】タイプ別でMAXCP1位をまとめてみた

むしポケ最大CPがカイロスと知って、今育てているストライクがCP2121を超えないことが判明し震えている・・・
ストライクが強い、というよりもむしのさざめきの威力高杉な・・・
れんぞくぎりですぐにゲージ溜まるし

あとは実家の方にやたらとピッピが出るからピクシーもまた育て直したい
わざがムンフォの方が強そう・・・



■ 急所について
ジムとかで対戦してて、なんかダメージの減り方がすごいときがたまにあるなぁ〜と感じてたが、実は急所ってシステムがあるらしい
本家ポケモンでは通常の急所率は1/16(6.25%)
急所に当たりやすいワザもあって、例えばストーンエッジ、、からてチョップ、はっぱカッターとか
以下のページにまとめられている
■ 参考サイト : 急所(ポケモンWiki)

ポケモンGOでの急所率は1/16ではなくて、ワザごとに異なっているらしい
・ワザ1(通常ワザ)には急所はない、つまり固定ダメ?
・ワザ2(ゲージワザ)には急所がある(ダメージ1.5倍)、急所率はワザによって異なるらしい
 通常のワザ2の急所率は1/20(5%)
 急所率の違いは以下にまとめられている(これで全部じゃない気がするんだけどなぁ〜・・・)

【ポケモンGO】急所のダメージ倍率/クリティカル率の高い技一覧

ストーンエッジの急所率が50%は気が狂ってるとしか思えない・・・
そのうちバランス修正されるだろうな(下方修正って書くと心証が悪くなるのでバランス調整で)



■ 卵孵化から産まれるポケモンについて

ポケストの場所によって産まれるポケモンの種類がある程度固定される説

孵化距離に到達した時点で産まれるポケモンが決まる説
がある
自分はたぶん前者だと思う
とすると、ポケモンの巣にあるポケストからはポケモンの巣のポケモンが産まれやすいとかだったら色々と捗る気がする
卵から産まれるポケモンって元からレベル高いし、育成も手軽にできるし

■ 参考サイト : 【ポケモンGO】タマゴ孵化のポケモンは孵化場所かポケストップ、どっちに依存するの?



■ ポケモンゲット時のボーナス
ボールの投げ方について
・カーブボール 10
・nice 10
・great 50
・excellent 100(値がちょっと違うかもしれないけど)

コレ以外にもボーナスがあるらしい
ポケモンの捕獲数がどうとか(まだもらった覚えがないからわからんけど)
■ 参考サイト : 【ポケモンGO】ボーナス100XPって何のボーナスなの?





■ プレイ状況

暇だったので、一人でマダツボミの塔作ってた(ここまで一人でしこしこあげた)

マダツボミのとうを一人で作ってみた

2016年8月10日の現状
たぶん今日の夜にはLv24に上がれそう・・・

2016年8月10日


対角行列(コラです)

対角行列

キャラの装備が変更できるようになったので、性別変えて全部黄色で染めてみた
キャラの性別も変えられるらしいので、黄色染めしてみた










ググったら1件だけ出てきた
かなりごり押しの方法だけど・・・

■ 参考 : スケールの違う複数の軸を描きたい.

(最終更新日2002年だけど、gnuplot 5でも動きます)

上記ページで紹介されている方法は、簡単にまとめると
・multiplotを使う
・2枚目の図を1枚目の図と重ねるように配置して、2枚目の図の軸をx軸以外消す
・そうすると、求めている1枚の図にx2軸を使わずに複数のx軸を付けられる
という感じ

ちなみにこの方法はきちんとset originを選ぶと、3つ軸を付けたりと応用ができます




こんなのが作りたい

pic_multi_axis

プロットしたいデータは2つある
data1.txtとdata2.txtで、それぞれ2次元のデータ
1列目が2の累乗の指数(10, 11, 12...25)
2列目がなんかの数字(ひ み つ)

やりたいのはx軸をまず10, 11, 12..25としてプロットする
その下に、その数字が(2**x)/4096.0でどんな数字に対応するかをプロットさせたい
いや、別に書かなくても計算したら良いジャマイカとおもうかもしれませんが、めんどくさいので付けときたい

コードはこんな感じ
#の後はコメント文なので無視してください
#まずはグラフのお化粧
set log y
set mytics 10
set grid ytics mytics #これでかなり細かいgridがかける

set xlabel "log2(N)"
set ylabel "something"

set term png size 1080, 1080 fontscale 2.0 noenhanced #sizeは適当でいいけど、小さすぎると見にくいので注意
set output "pic_multi_axis.png"

set size 1.0, 0.55 #1.0は固定
# 0.55の部分に入る数字をAと置いておく、後のことも考えて帳尻あわせが必要
# あとに出てくるset originのyの値2つとA + 0.30 + 0.15 = 1.0になるようにAを書いておく

# marginは隙間のサイズのこと bは底(bottom)、lは左、rは右
# lmarginはylabelが入る関係で、ある程度の大きさを取っておく必要がある
# 一度 set lmargin 0としてみたらいい、1つめのx軸と2つめのx軸がずれてしまう
set bmargin 0 #上記のA+0.3+0.15=1の計算のために0にしておく
set lmargin 10
set rmargin 10 #これはいらないかもしれない

set multiplot #ここがミソ
set origin 0, 0.3 #1枚目の図をどこから書くかを決めている(0, 0.3)の位置から書く、つまり少し下に隙間を開ける

# このrange指定が大事、このrangeと2枚目の軸のrangeが1対1で対応するように設定する
set xrange [10:25]
set yrange [100:10000]

# 適当にプロット(ここでreplotを使うのはNG)
plot "data1.txt" w lp pt 5 ps 2 title "data1", \
"data2.txt" w lp pt 5 ps 2 title "data2"

# 2枚目のグラフを配置する
set origin 0, 0.15
# ここもミソ、x軸以外のいらない部分をすべて消している(もしかしたら余計なオプションを書いてるかもしれない)
unset ytics
unset y2tics
set nomy2tics
set xtics nomirror
set border 1
unset grid
# 2つめのz軸のラベルを指定する
set xlabel "T[s] at f_s=4096[Hz]"
# y軸のラベルは消しておかないと、もう一度表示されるので注意
set ylabel " "

set log x

# このあたりは1つめのx軸と1対1で対応するようにxticsで手で配置しているだけ
set xtics (0.25, 1, 4, 16, 64, 256, 1024, 4096)
set xrange[0.25:8192]
# yrangeは何も書かないと上記のものが反映されてしまう、とりあえずデータ点がプロットされないような範囲を取っておけばOK
set yrange[0.1:0.2]
plot "data1.txt" u (2**$1/4096.0):(0.001) notitle

unset multiplot


あまりにごちゃごちゃしてたので、コメントなしのコードは以下に

set log y
set mytics 10
set grid ytics mytics

set xlabel "log2(N)"
set ylabel "something"

set term png size 1080, 1080 fontscale 2.0 noenhanced
set output "pic_multi_axis.png"

set size 1.0, 0.55

set bmargin 0
set lmargin 10
set rmargin 10

set multiplot
set origin 0, 0.3

set xrange [10:25]
set yrange [100:10000]

plot "data1.txt" w lp pt 5 ps 2 title "data1", \
"data2.txt" w lp pt 5 ps 2 title "data2"

set origin 0, 0.15
unset ytics
unset y2tics
set nomy2tics
set xtics nomirror
set border 1
unset grid
set xlabel "T[s] at f_s=4096[Hz]"
set ylabel " "

set log x

set xtics (0.25, 1, 4, 16, 64, 256, 1024, 4096)
set xrange[0.25:8192]
set yrange[0.1:0.2]
plot "data1.txt" u (2**$1/4096.0):(0.001) notitle

unset multiplot











#!/bin/sh

for i in `seq 10 25`
do
 SIZE=$((2 ** $i))
 echo $SIZE
done

$(())の書き方が万能過ぎ・・・








過去の記事は こちらから

ほとんどまだ噂段階ですが一応メモしておきます
また、ポケモンGO稼働3日目の情報ですので信用しないでください




■ ポケモンのわざの威力が下方修正されたっぽい
先日までジムで猛威を振るっていたカイリュー、カビゴン、シャワーズとかの話をよく見かける
これでどうやらわざ1の威力が下がって、その分わざ2の威力が上がったらしい
最適わざがこれで少し変わりそう

これはサイレント修正なんだろうか?
それともどこかで告知されてるんだろうか・・・?


■ ポケモンの巣の場所は変更される
ポケモンGOの配信が始まって、1週間なので周期は1週間かもしれない
というかこういうのって、海外のポケモンGO勢から情報回ってこなかったのかな・・・?
日本だけ?

最新のポケモンの巣は以下が役に立ちそう
■ 参考 : 【ポケモンGO】ポケモンの巣全国一覧7/30更新
1週間おきにポケモンの巣に出てくるポケモンが変更されるっぽいです。毎週修正版をだしていきます。
法則があるみたいで、図鑑ナンバーの1つ前のポケモン(進化前)が出るみたいですが、それが当てはまらない箇所もあり、まだはっきりとしたことはわかりません。
例、No58ガーディ→No56マンキー
  No125エレブー→No124ルージュラ
らしい


■ ジムに自分のポケモンを置いても、相手にはニックネームは表示されない
自分のニックネーム(最初に決める名前)は相手には見えるが


■ 野生ポケモンのゲット率は、ボールをポケモンに当てた瞬間にサーバーとの通信で決定される
■ 参考 : pokémon GO(ポケモンGO)をプレイする上で大切な3つのこと #PokemonGO #ポケモンGO
ポケモンGOでは、この取得できたかどうかの判定はサーバーで行っています。
サーバーへアクセスしているのは、ボールがモンスターに当たった瞬間です。
目標円のサイズの内側に対してNice、Great、Excellentの3つのパターンと、カーブボールかどうかのフラグを付けて抽選を行っています。
ポケモンの捕獲できる確率は、モンスターボールを長押しした時の円の色でわかります。
本当に一番願わなければならないのは、この抽選の時なのかもしれません。
なお、NiceよりもGreat、GreatよりもExcellentの方が、ポケモン捕獲率が高くなっているようです。
カーブボールはNiceと同等程度のプラス補正がかかっています。経験値も多く得られますので、是非ともカーブボールで捕獲したいですね。
GreatとかNiceとか良判定が出たときも、判定なしと比べて捕まりやすいか?というと"体感的には" そうは感じないなぁ・・・
誰か検証してくれないかなぁ〜
何度かプレイされた方ならわかると思うのですが、投げる回数が多ければ多いほどポケモンを獲得できる確率が増していきます。
つまり、「ポケモンにヒットさせずにモンスターボールを消費したら、ポケモンゲットしやすくなる」ようになります。
検証中ですが、モンスターボールを10個ほどヒットさせずに捨てた後はかなりの確率で捕獲できてます。高CPやレアポケモンでもです(ただし100%ではありません)。
とか書かれているのが本当だったらすごいことになりそうだ・・・


■ ポケモンにモンスターボールを自動で投げる方法(iOSのみ)やり方は、
設定 -> 一般 -> アクセシビリティ -> AssitiveTouch -> オン
カスタムジェスチャというところで、ボールを投げる動きを登録する
ポケモンの画面での奥行きに応じて、指を多く動かさないといけないので、何種類か登録しておけば良い

少なくとも指でボールを投げてカーブになってしまって当たらないよりかは、成功率は高そう
あとはモンスターボールの消費もかなり減らせるのも評価できる



■ イーブイの進化先をニックネームで選択進化できるのは、最初の1体のみ
という情報があったけど、本当だろうか・・・?
一応手元では3体ニックネームを付けて希望のキャラに進化させたけど、それはたまたまだったってこと?
たぶんガセだろうけど・・・










端末を2台同時に動かすと2倍の速度で孵化できるか?、という動画のコメントで知った


実はこのモンスターボールはフリック入力ができる















プロフィール
HN:coffee
職業:物理屋(自称)
趣味:映画鑑賞
自己紹介:
#include <stdio.h>
#include "MyProfile.h"

#define TWITTER coffee_pote

int main(void){

printf(")\n"); printf("ポケモンGO初めて1ヶ月で5kg痩せた\n");
printf("1ヶ月ちょいで250km歩いたからってのもあるけど、実は飲みに誘われなくなったのと論文関連のストレスのせい\n");
printf("猿でもわかるgnuplot を執筆中(何も進んでいない・・・・)\n");
/* 最終更新 2016/9/8 */
return 0;

}
カウンター
ブログ内検索
リンク
feedlyボタン
follow us in feedly
twitter
Flickr

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]