忍者ブログ
日々の研究生活のメモ書きなど
今回はcernが作ったグラフ描画ツール ROOTをインストールする


ROOT公式からソースをDLしてきて

./configure
make
sudo make install

してもよかったが、今回はバイナリ版を入れることにする
こっちのがお手軽。



バイナリ版は ここ に置いてある
最新版で、自分に合ったものを落とす

MBA Lionでは
root_v5.30.02.macosx106-i386-gcc-4.2.tar.gz
で大丈夫なはず

DesktopにDLしたとして
$cd Desktop
$tar zxvf root_v5.30.02.macosx106-i386-gcc-4.2.tar.gz
$sudo mv root /usr/local/root


あとはPATHを通して終了。

自分はtcshなので
setenv ROOTSYS /usr/local/root
setenv PATH ${ROOTSYS}/bin:${PATH}
setenv LD_LIBRARY_PATH ${ROOTSYS}/lib:${LD_LIBRARY_PATH}
set env DYLD_LIBRARY_PATH ${ROOTSYS}/lib:${DYLD_LIBRARY_PATH}

と .cshrc に書いておけばおk

bashの方も同様にPATHを通せばおk
ただし使っているSHELLによって、書き方が違うので注意


参考ページ
http://www-utheal.phys.s.u-tokyo.ac.jp/~oxon/drupal/ja/node/27


ターミナルで
root
と打つと、rootが起動する



見たくない人は
root -l
と打てばよい( .cshrc に書いておくと、ずっと見なくて済む)


PR
プロフィール
HN:coffee
職業:物理屋(自称)
趣味:映画鑑賞
自己紹介:
#include <stdio.h>
#include "MyProfile.h"

#define TWITTER coffee_pote

#define WISH_LIST
amazonのほしい物リスト
#ifdef RICH_FLAG
// ↑いつも支援いただきありがとうございます m(_ _)m
#endif


int main(void){

printf("\n");
printf("D論・・・? あぁそんな子もいましたね(執筆中)\n");
printf("\n");
printf("猿でもわかるgnuplot を執筆中(こっちの執筆は半年以上何も進んでいない・・・・)\n");
/* 最終更新 2017/07/19 */
return 0;

}
カウンター
ブログ内検索
ツイートするボタン
Flickr

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]