忍者ブログ
日々の研究生活のメモ書きなど

備忘録メモ

ROOTでヒストグラムを書くと、デフォルトだと右上にそのヒストグラムに関する情報が書かれた箱ができる(名前がわからない・・・・)
今回2つのヒストグラムを重ね書きするグラフを書いてみて、その箱に関する情報だけでは不足なので新しく、TLegendというのを導入してみた
つまり↓
result_for_blog1
では微妙で

こんなのがが欲しい↓
result_for_blog2

ソースコードはこんな感じ(こんな感じで良いのかわからんけど、ひとまずかけているから良し、で・・・)

{
#include <fstream.h>
#include <string.h>
#include <TMath.h>

TCanvas *c1 = new TCanvas("name", "title", 0, 0, 1080, 720);
gROOT->SetStyle("Plain");

char fname_mic[80] = "data_gauss.txt";
char fname_mic_bg[80] = "data_rayleigh.txt";
char fname_picture[80] = "result_for_blog.png";

Int_t nbin = 50;

Double_t mic, mic_bg;
Double_t x, y;


TH1D *h1 = new TH1D("a", "", nbin, -5, 5);
TH1D *h2 = new TH1D("b", "", nbin, 0, 5);


ifstream fp(fname_mic);
while(fp >> x){
h1 -> Fill(x);
}
fp.close();

ifstream fp(fname_mic_bg);
while(fp >> y){
h2 -> Fill(y);
}
fp.close();

// set y maximum
//h2 -> SetMaximum(40);

// show histogram
h1 -> SetLineColor(2);
h1 -> Draw();
h2 -> SetLineColor(4);
h2 -> Draw("Same");

// remove right profile box
gStyle->SetOptStat(0);

// set TLegend
leg = new TLegend(0.6, 0.7, 0.9, 0.89, "Legend");
leg->SetFillStyle(0); // or leg->SetFillColor(0); // white paint
leg->SetTextSize(0.04);
leg->SetHeader("The Legend Title");
leg->AddEntry(h1, "gauss data","fl");
leg->AddEntry(h2, "rayleigh data", "lf");
leg->Draw();

c1.Print(fname_picture);
exit(0);
}


■ ソースコードの簡単な説明

右上にあった箱を非表示にする
gStyle->SetOptStat(0);


TLegend(0.6, 0.7, 0.9, 0.89);
の後の4つの引数はそれぞれxmin, ymin, xmax, ymaxに相当
値はそれぞれ
グラフの左上の軸の交点が(0, 0)
グラフの左下の軸の交点が(0, 1)
グラフの右下の軸の交点が(1, 0)
グラフの左下の軸の交点が(1, 1)

ただしおそらくこれでは不足に思うと思う
なぜなら、デフォルトのフォントが小さいから
leg->SetTextSize(0.04);
で調整する
これをいじると、軸の外にもLegendが出てくれるようになる

leg = new TLegend(0.6, 0.7, 0.9, 0.89, "Legend");
の最後の引数はLegendのタイトル
下のような方法でも後付け可能
leg->SetHeader("The Legend Title");
でタイトルが付けられる

leg->AddEntry(h1, "gauss data","f");
leg->AddEntry(h2, "rayleigh data", "f");
leg->Draw();
で、Legendをセットして、描画する

AddEntryの第3引数は
L: draw line associated with TAttLine if obj inherits from TAttLine
P: draw polymarker associated with TAttMarker if obj inherits from TAttMarker
F: draw a box with fill associated wit TAttFill if obj inherits TAttFill
E: draw vertical error bar if option "L" is also specified
みたいな選択肢があるらしい
参考 :
class TLegend: public TPave, public TAttText


また箱の色がデフォルトでは灰色なので、白く、もしくは透明にしておく
透明にする場合
leg->SetFillStyle(0);
白塗りする場合
leg->SetFillColor(0);


ちなみに、ここで使っているデータはGSLがインストールされていれば簡単に再現できるだろう
gsl-randist 0 1000 gaussian 1 > data_gauss.txt
gsl-randist 0 1000 rayleigh 1 > data_rayleigh.txt
でOK
GSLをデフォルトの場所にインストールしていれば
/usr/local/bin/gsl-randist
があるはず

gsl-randistの使い方は以前書いた記事を参考にどうぞ

参考 :
【シェルコマンド】gsl-randistを使うとお手軽に乱数データを生成できる






(2019/02/08 追記)

グラフからわかる結果や数値などをTLegentでグラフ内に書きたい場合は、AddEntryでグラフの各データとテキストを紐づけすることはできない
そういうときは
legend->AddEntry((TObject*)0,"hoge","");

凡例の部分が空白になって左に変な空白ができてしまう
これが嫌な場合は
legend->AddEntry((TObject*)0,"#kern[-0.3]{hoge}","");

■ 参考 : 凡例(TLegend)









PR
プロフィール
HN:coffee
職業:物理屋(自称)
趣味:映画鑑賞、登山
出身:大阪府の南の田舎
自己紹介:
import MyProfile
import coffee_pote from TWITTER
import amazonのほしい物リスト from WISH_LIST

print "生きてます"
print "コロナのせいで15万くらい損失出してますが、生きてます"

# 最終更新 2020/03/15
カウンター
カウンター カウンター
ブログ内検索
ツイートするボタン
リンク
相互リンク募集中です (Twitterにてお知らせください)

Demo scripts for gnuplot version 5
(gnuplotのさまざまなデモ画像と作り方がまとめられている、眺めているだけでできるようになった気分になれる)

gnuplotスクリプトの解説
(米澤進吾さんの個人ページ、gnuplotと言えばこのかた)

gnuplot のページ
(Takeno Lab、うちのブログがリンクされていたのでリンク返し)

とある物理の院生日誌~院生は社会へ旅立った~
(研究室の先輩の個人ブログ)

英語例文を見て自然に英語・英会話を学ぶ
(楠本慶ニさんの個人ページ、様々な情報の密度の高さに感動)

Twitterから映画の評価が分かる & 映画の鑑賞記録が残せる coco
(映画の感想をまとめられるサイト、いつもお世話になっています)

Astronomy Picture of the Day Archive
(天文や宇宙関連の最新の話題について画像とともにNASAが説明しているページ)

今日のほしぞら
(任意の時刻の空で見える星を表示してくれる、国立天文台が管理している)

GNUPLOTとアニメーション
(応用の項目の「見せてあげよう!ラピュタの雷を!!」あたりからすごすぎる)

読書メーター
(読んだ本をリストできる便利なサイト)

flickr難民の写真置き場
(20XX年、flickrは有料化の炎に包まれた。あらゆるflickr無料ユーザーは絶滅したかに見えた。 しかし、tumblr移住民は死に絶えてはいなかった。)

教授でもできるMac OS X へのLaTeX, X11, gccのインストレーションと環境設定
(阪大の山中卓さんのwebページ、タイトルにセンスが溢れている、内容は超充実してる、特にTeX関連、学振DCとかPDの申請書類作成時にはお世話になっております)


Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]